2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年9月17日 (日)

安達太良山ハイク(その1)

 郡山から福島までの間で、汽車の窓から左手にあざやかにこの山が眺められる。
 雪のある時には、その姿は一層立派に私たちの目に迫ってくる。
 昔の旅人がこれを見逃すはずはない。

   ~深田久弥『日本百名山』~

・・・・・・・・・・・

 始発の新幹線に乗り、安達太良山に向かう。どうしても智恵子の「ほんとの空」を見たくなったのだ。

 郡山駅で東北本線を待っていると、見るからにきさくなおじさまが、「どこに登るんだ」と声をかけてきた。二本松駅で降り、バスに乗って安達太良山に登ることを話すと、「二本松なら、俺の住んでいるところだ。バス停まで連れてってやる。」と言われ、電車に乗り込む。

 車窓から山を眺める。特徴的な山容の安達太良山塊を眺める。私の会社にも福島県出身者が何人もいるが、みな穏やかな方ばかりだ。このような優しい山並みが、穏やかな性格をはぐくんだのだと納得する。

 親切なおじさまにお礼を言い、登山口行きのバスを待つ。駅前には二本松少年隊の銅像が立っていた。戊辰戦争の際、奥羽越列藩同盟の義を守り、故郷を守ろうと立ち上がった悲劇の少年の像だ。前に立ち、手を合わせる。

1_800x591

 バスを降り、今度はゴンドラリフトに乗る。今度は岡山からの登山者と一緒になった。二泊三日で東北の百名山を登っているそうだ。その方がおっしゃるには、関東の人は百名山が近く、うらやましいという。

800x574

 ゴンドラを降り、まずは薬師岳展望台に向かう。幸いなことに風もなく、安達太良山を見上げることができた。この上の空が、智恵子の「ほんとの空」だという。しかし、芸術家としての智恵子は壮大なアートとして、単なる測量地点としての安達太良山だけをさすのではなく、矢筈森、鉄山、箕輪山をすべて含めた一連の山塊を「阿多多羅山」といったのではないだろうか。

800x593

800x599

10_800x573
 二本松から見上げる山塊全体は、横臥し空を見上げている女性の姿にも見える。その一連の山容と、智恵子自身を重ねていたのではと想像すると、智恵子の言葉にも広がりを感じる。

 智恵子は東京に空が無いといふ、
 ほんとの空が見たいといふ。 

 智恵子は遠くを見ながら言ふ。
 阿多多羅山の山の上に
 毎日でてゐる青い空が
 智恵子のほんとの空だといふ。
 あどけない空の話である。

  ~高村光太郎『智恵子抄』より~

 家族連れ、カップル、年配の登山者に紛れて、一人頂上を目指す。登山道はしっかり整備されていた。そのような親しみやすさも、この山の魅力なのであろう。

11_800x576

12

  今日は登山日和だが、さすがに森林限界を超えると、やはり風が強い。安達太良山の特徴的な山頂を目指す鎖場には、しっかりと渋滞ができていた。キャーキャー叫んでいる山ガールたちの後に続き、山頂に到着した。

15_800x600

16800x567

   (つづく)

2017年9月15日 (金)

やっと金曜日

午後から出張。

定時に会議が終わり自宅に帰る。

仕事以外でPCを開くのは久しぶりだ。

日曜日には安達太良山に登り、下山後ブロ友のまんたろうさんとお会いし、郡山駅まで送ってくださった。

まんたろうさんは、がっちりとした体格で、まっすぐな性格の素敵な方。

たくさん励ましてもらいました。

明日も出勤だが、感謝をこめて連休中に安達太良山とまんたろうさんのことを書かなきゃね。

2017年9月 9日 (土)

グデグデの土曜日

 前回の記事で、私の愚痴に多くのコメントをいただきありがとうございました。
 昨日は債権回収のため、いつもより早く会社を出た。ここは、他の人が何度もお伺いしてもこじれるばかりで、一向に前に進まない難しい取引先だ。私に限らず部下たちも疲労だけでなく、ストレスもたまる一方だ。
 私としては、今回初めての訪問であったが、先方には、ゆっくり、丁寧に説明をし、ご納得いただくことができた。
 おかげさまで円満に解決したが、上司からは、
「これはお前の責任だ、きっちり最後までなんとかしろ。」
だって。
「おつかれさん」
の一言があってもいいよね。

 いつも怒鳴ってばかりで、デリカシーのないブルドーザーじゃないと、出世できないのかな。それなら逆に、協調型の永久平社員でいいや。

 明日は安達太良山にソロハイク。
楽しんできます。

2017年9月 6日 (水)

イライラ

細かなことは書くことができないが、
冗談抜きで、毎日キレそうになっている。
普段から言い返さず、ずっと我慢しているが、
このままだと
①ブチ切れる
②病気になる
の二者択一だ。

①の結果
処分を受ける
②の結果
休職または退職する
となる。

そうだ、第3の選択肢がある。
週末は天気が良さそうだ。
だから山に行こう。
登るならば、安達太良山がいい。
智恵子の言う「本当の空」を見に行こう。

すいません。ブログでしか愚痴がこぼせなくて。

2017年9月 1日 (金)

今日から9月

こんなにのんびりできた8月というのは何年ぶりだっただろうか。

山に関していえば、上高地から蝶ケ岳、北アルプスの縦走、日光白根山ハイク。さらには日帰りで河口湖にも出かけ、のんびり過ごすこともできた。

確かに通帳はすっからかんになった。しかし、こんなに充実していたのは、学生時代以来だったかもしれない。

昨年度は、途中で上司が倒れ、出勤簿上は休日であっても、それを返上して出勤していた。それでも決して感謝されることはなかった。

そこで、今年は思い切って長期休暇も取得した。休暇にもかかわらず、その後こっぴどく上司から叱られたが、後悔はない。

出世競争からもすっかり遅れてしまい、時折仕事を変えようかと考えることもある。だが、この年齢では使い物にならない。

これから3月までノンストップとなる。月90時間越えも当たり前の毎日となる。自宅に帰っても寝るだけ、いや寝られない日々も多くなるだろう。

さあ、今日から9月。体に気を付けて頑張りましょう。

2017年8月31日 (木)

絶対に相手の人格を否定しないこと。

アンパンマンは
「バイキンマンは悪い奴だ!許さないぞ!」とは言わない

アンパンマンが言うのは
「あ!バイキンマン! またイタズラしたな!許さないぞ!」だ

悪いのはバイキンマンという「人格」ではなく
イタズラという「行為」であるということ

・・・・・・・・・・

FBより引用・転載。

かつて人から、自分の人格を全否定されたことがある。

それまで絶対的な信頼をしていた人からである。

その傷は、今でも癒えていない。

ただその時から、誰であれ、相手の人格を否定しないと誓った。

アンパンマンも、細かな気遣いをしていたのですね。

奥白根山(2578m)日帰りハイク

 奥日光に遊ぶ人は、すぐ前にある大きい男体山や太郎山に目を奪われて、奥白根山に注目するする人は極めて少ない。

 麓からその全容を捕らえるのに困難な山であるが、遠く離れるとよく見える場所がある。それは上野から高崎へ行く汽車の窓からで、赤城が見え出した頃その右手に、整った円錐形の男体山、それと並んで更に高く、ヴォリュームのある白根山が眺められる。関東平野が冬ざれの一色にい塗られている時、その果てに純白の雪を光らせる。

    ~深田久弥『日本百名山』~

・・・・・・・・・・

 埼玉に居を構える者にとって、冬の澄んだ空気の中で眺める日光の山々はとても美しい。

 Photo

  標高2000mのロープウェイ駅を降り、当初30分間の高度順応の時間を計画していたが、特に問題も無かったので、すぐに登り始める。

 Photo_2

 登山口の二荒山神社で安全登山を祈願をし、ゲートをくぐる。整備された樹林帯の中を静かに歩く。

 Photo_3

 森林限界を超えると、巨岩に囲まれた山頂まであとわずかとなる。

 Photo_4

 深田は「貧弱な小祠(しょうし)」と表現しているが、私はそう思わない。むしろ「素朴な小祠」と称したほうがよいのではないだろうか。それだけ日光白根山は、古来から地元の方々にとって身近な山なのである。

Photo_7

 頂上を踏んだ後、少し離れたところで休憩をとる。

Photo_8

 お嬢からおやつのおすそ分け。パック包装が、このとおり膨らんでいた。

 後日、お嬢から写真を送ってもらったのだが、私のお腹も膨らんでいた。これも「気圧のため」と信じたい(笑)。

 Photo_9

 休憩後、静かな弥陀ケ池に立ち寄る。古来多くの修行者たちが、ここで阿弥陀如来と対話したのであろう。

 Photo_10

 Photo_11
 丁寧な指導票に従い、ひたすら足を進める。この山ならば、天候さえ判断を誤らなければ、冬でも登れそうだ。

 Photo_12

 六地蔵で静かに手を合わせる。地蔵菩薩は「仏教界のアンパンマン」。
あらゆる人々を苦しみから救ってくれる。

 下山後、のんびりと温泉につかる。こうして山に登れることに、私たちは感謝せねばならない。

 山は、確実に秋に向かっている。さて次回はどこのお山に登りましょうか。

 Photo_13

  名称【ハクサンフウロ】

  Kinoko

  名称【未調査・不明】
 
なんという名前のキノコなのでしょう。高山植物ですら覚えきれないのですから、キノコはもっと難しい・・・。

2017年8月30日 (水)

お嬢と日光白根山ハイク

山の会の会員で、美人で美心の仲間(以下、お嬢とする。)と日光白根山ハイク。
立ち振る舞い、言葉遣い、気遣い、あらゆることに知性と品格が備わっている。
「お育てになった方がよくわかりますね。」
としか言いようがない。
ご両親様からの愛情をたっぷり受けているのがよくわかる。
私よりもお若いのに、お嬢と話しをていると、自然と頭が下がる。
下山後、山返しとして一緒に食事をした。
にこにこしながら話す姿は、こちらまで幸せな気分になった。
「お嬢に幸あれ!」
と願わずにはいられない。

2017年8月29日 (火)

"風”~はしだのりひことシューベルツ~

目が覚めたら、頭の中で流れていた曲。

なんでこんなに古い歌知っているのだろう。

2017年8月25日 (金)

「山ボケ」回復できず・・・

下山後、翌日から通常業務。

Dsc02252

まずい、「山ボケ」が抜けない。

P8210475

 関東では下山すると、「下山祝い」または「山返し」と称し、お酒を飲んだり食事をしながら無事の下山を祝う習慣がある。これは、山に登ると山の神様を連れて帰ってしまうので、そこで神様は山にお帰りいただくという縁起だ。いわゆる「精進落とし」と同じ習慣なのだ。しかし、今回はソロだったので、それをやっていない。

まずいぞ、山の神様を会社まで連れてきてしまったようだ。

これでは、また山に登らせてもらえなくなる。

ちなみに今日は「プレミアム・フライデー」。

仕事仲間と食事会です。

定時退勤します。

«編集前ですが・・・山写真ご笑納ください。