2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 一歩でも前へ~田部井淳子~ | トップページ | "Walking On Sunshine"~Katrina & The Waves ~(1985) »

2014年9月14日 (日)

「親友はゴミ箱」~美輪乃湯~

 9月10日放送「美輪乃湯」を観る。

1 番組要約

 番組冒頭に美輪は、「親友はゴミ箱なんです」と言う。さらに「親友の定義は何か」と尋ねる。多くの人は「なんでも話せる人」、「気を許せる人」、「本音で話せる人」と答える。「だからゴミ箱でしょ」と美輪は言い切る。すなわち「憂うつなことや悩みごと全部ぶちまけられる人」であるから「ゴミ箱」なのだという。しかし、これでは悩みを聞かされている方はたまらない。それは「自分に都合のいい人」でしかない。

 社会人なると、それぞれが社会的責任を持ち、学生時代のような「親友」であることはできない。学生時代の親友感覚でつきあい、保証人になってホームレスになった人もいる。社会人になれば「学生時代じゃない」ときっぱり断ることもできる。それでも付き合えれば「親友」と言える。だからお互いに相手に迷惑をかけない思いやりを持つことが大切である。これが本当の「親友」である。
 いわゆる多くの人の定義する親友とは、単に自分にとって「都合のいい人探し」でしかなく、それでは「あなたが親友になる資格がない」と言い切る。

 美輪は、「親友は一生のうち、一人か二人見つかればいいほう」とまとめた。

2 感想

 タイトルは「親友はゴミ箱」としているが、番組最後のテロップの「親友は見つかれば”もうけもの”」とした方がよかったのではないだろうか。

 さて、自分には「親友」と呼べる人がいるであろうか。また友人から「親友」と呼ばれる資格があるだろうか。今後人間関係において断ることはあっても、決して裏切る人間だけにはならないようにしたい。

 美輪が述べるように親友とは、「一生のうち、一人か二人見つかればいいほう」、「見つかれば”もうけもの”」なのだから、決して焦る必要はないのだ。

« 一歩でも前へ~田部井淳子~ | トップページ | "Walking On Sunshine"~Katrina & The Waves ~(1985) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

難しい問題ですね。
この年になると、どれだけの数の人と顔見知りになり
親交を深めた事か!!。
気がつけば、昔からの親しい人・・・数えるほどになりました。
心を許す事が出来るから親友とも言えますが、それを持続する
細やかな心がなくては、長続きしません。
又 環境が違ってくると離れてしまいます。
私の 心情・・・今 気が合えばそれで良し。です。

マーチャン様、コメントありがとうございます。
人間関係は、難しいですね。
マーチャン様がおっしゃる通り、
それを維持するためには、
相手への細やかな思いやりを大切にしなければいけませんね。
私も気をつけます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一歩でも前へ~田部井淳子~ | トップページ | "Walking On Sunshine"~Katrina & The Waves ~(1985) »