2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 甲武信ケ岳、無事下山!! | トップページ | 我慢するより「辛抱」しよう »

2014年11月17日 (月)

松涛明『風雪のビバーク』(二見書房、1999)

一月六日 フーセツ

全身硬ッテ力ナシ 何トカ湯俣迄ト思ウモ有元ヲ捨テルニシノビズ死ヲ決ス
オカアサン
アナタノヤサシサニ タダカンシャ、一アシ先ニオトウサンノ所ヘ行キマス
何ノコーコウモ出来ズ死ヌミヲオユルシ下サイ、井上サンナドニイロイロ相談シテ

サイゴマデ タタカフモイノチ 友ノ辺ニ スツルモイノチ 共ニユク(松ナミ)

 我々ガ死ンデ 死ガイハ水ニトケ ヤガテ海に入り、魚ヲ肥ヤシ 又人ノ身体を作ル、個人ハカリノ姿 グルグルマワル 松ナミ

  ~松涛明『風雪のビバーク』(「二見書房」213~214頁 1971年、1999年)~

 十数年ぶりにこの本を棚から取り出す。 

 松涛明とは、大正11年仙台に生まれ、旧制府立第一中学校から東京農大に学ぶ。中学時代から登山に熱中し、昭和13年7月東京登歩渓流会に入会する。以来つねに先鋭なクライマーとして活躍した。
 昭和24年1月風雪の槍ヶ岳、北鎌尾根において岳友とともに遭難死した。行年二十八歳であった。

 通常、登攀(クライミング)では2人組みとなり、相手のことを「ザイル・パートナー」と呼ぶ。それはお互いが確実に生き残るためである。

 この文章を読むたびに、常に松涛から問いかけられ続けている気がする。

 「あなたには実社会においても『ザイル・パートナー』はいますか」

と。

 

« 甲武信ケ岳、無事下山!! | トップページ | 我慢するより「辛抱」しよう »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲武信ケ岳、無事下山!! | トップページ | 我慢するより「辛抱」しよう »