2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 信濃川上駅から十文字小屋(泊)初冬の奥秩父登山(その1) | トップページ | 甲武信小屋、戸渡尾根、徳ちゃん新道、山梨市駅(帰路)初冬の奥秩父登山(その3) »

2014年11月22日 (土)

十文字小屋、三宝山、甲武信ケ岳から甲武信小屋(泊)初冬の奥秩父登山(その2)

 深田久弥は、甲武信ケ岳について

 「昔から名山とたたえられた山ではない。頂上に祠もなければ、三角点もない。奥秩父でも、甲武信より高い峰に国師や朝日があり、山容から言ってもすぐ北の三宝山の方が堂々としている。甲武信は決して目立った山ではない。」

と述べ、その理由について

1 「拳」につながる名前、歯切れのよさ
2 甲州、武州、信州の三国の継ぎ目に位置している
3 千曲川、荒川、笛吹川の三つの源流がでている

を挙げている。

 朝5時の朝食を済ませる。外は-4℃である。下界では何かと暖かいところばかり好んでいたためか、この程度の気温でも身にしみる。

5_1024x766

寒さにかまけて8時までのんびりしてしまった。
小屋の裏から出発する。
今日も自分だけの登山道になりそうだ。

Photo_4

Photo_5

カラマツのトンネルを一人くぐり続ける。

Photo_6

午前中、唯一展望を楽しめる大山直下の鎖場気合を入れて登る。
このコースには三ケ所の鎖場がある。
それぞれの場所でここで、逆方向から下る登山者とすれ違う。
カモシカのような速さで下っていった。

1_1024x768_4

2_1024x768_3

3_1024x768_3


5_1024x768

7_1024x768_3

大山山頂
ここからは、上州や秩父の名峰である武甲山が望める。
しばし、景色を楽しむ。

3_752x1024

武信白岩山山頂は、崩落の危険があり登れないが、
その直下に奇岩「尻石」に立ち寄る。
あまりのリアルさに、決して忘れない巨岩である。

Photo_7

引き続きカラマツのトンネルをくぐり続ける。

1_1024x754

三宝山山頂に到着する。

2_1024x768_4

ここは2,483mであり、甲武信ヶ岳より8mほど高い。
一等三角点も設置されている。

木暮理太郎によると、現在の甲武信ヶ岳のことを元々「三方山」と呼んでいたが、明治期に陸軍陸地測量部の測量が入ってからこちらの山を「三宝山」と呼ぶようになったという。

Photo_8

カラマツのトンネルをくぐる。

4_709x1024

今回の目的地甲武信ヶ岳山頂到着。
堂々たる標識です。
1_1024x739

ここは、見晴らしもよい。

足を止めると寒いが、ついつい長居をしてしまった。

1_1024x753

5_1024x745_2

下ってすぐに甲武信小屋がある。

6_1024x755

小屋の新名物「蛙ストーブ」に直行する。
夜中に動き出したりしないだろうか。

8_1024x755

受付終了後、指定された布団に向かう。
ひどいときは、一枚の布団で三人が寝るそうである。
今夜は幸い、一人一枚で寝られそうだが、
実に寒い。

荷物を置いて、千曲川源流に行きたいと思っていたが、
小屋に入ったら気が抜けてしまった。

夕食後、水筒を湯たんぽにして、すぐに寝てしまった。

 

« 信濃川上駅から十文字小屋(泊)初冬の奥秩父登山(その1) | トップページ | 甲武信小屋、戸渡尾根、徳ちゃん新道、山梨市駅(帰路)初冬の奥秩父登山(その3) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信濃川上駅から十文字小屋(泊)初冬の奥秩父登山(その1) | トップページ | 甲武信小屋、戸渡尾根、徳ちゃん新道、山梨市駅(帰路)初冬の奥秩父登山(その3) »