2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

「信じること やり続けること」

向き
不向きより
前向き

自分はできると
信じること、
あきらめないこと、
やり続けること。

   ~朝倉千恵子~

・・・・・・・・・・

FBより引用・転載。

明日から新年度。

やるっきゃないよな。

頑張るぞ!!

〈21:30追記〉

自宅に「と~うちゃこ!」。

早速、ビールの一気飲み。

BSプレミアム「こころ旅」を観る。

火野正平さんのお人柄、ファッションいいっすね。

「失うことで人は大きくなる」~筆談ホステス・斉藤理恵~

隣に誰かがいるだけで、「憂い」は「優しさ」に変わります。
難題の無い人生は「無難」な人生。
難題の有る人生は、「有難い」人生。
「涙」を止めれば、また笑顔に「戻」れます。
「泣く」のを止めれば「立ち」あがって前に進めます。
「失う」という言葉には「人」と「大」という文字が隠されている。

失うことで人は大きくなる。
  ~筆談ホステス・斉藤理恵~

・・・・・・・・・・

FBより引用・要約。

寄り添える人に,、私はなりたい。

2015年3月28日 (土)

ぽかぽか陽気

201503272

20150327

春ですね。

月日だけは確実に過ぎたけど、全然前に進めない。

あせるばかりで、取り残されている感じがする。

ゆっくりでも、前に進まなきゃ。

2015年3月27日 (金)

悩んだって、苦しんだって、いいじゃないか。

生きてく中で
人より努力しないといけなかったり
自分の考えを理解してもらえず
悩み苦しむ時があって
でもそこでいろんな経験をして

たくさん考えたからこそ
人の気持ちを察したり
優しい気持ちになれるわけで
その経験に
何一つ無駄なことなんかないんだよ

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

世の中、なかなか自分の考え方を理解してもらえず、悩むことが多い。

悩んだり、苦しんだ経験は、人を成長させ、人にやさしくなれる。

無駄なことは一つもない。

頑張りましょう。

2015年3月26日 (木)

「本当の愛っていうのは」~エンリケ・バリオス『アミ小さな宇宙人』~

背の高さとか年齢とか
見た目なんかは関係ない。

本当の愛っていうのは、 
魂と魂のあいだに
生まれるものなんだ。

その人が放射するエネルギーを
愛するってことなんだよ。

だから、この段階の感情には
もう距離も時間も存在しない。

死でさえも、
その愛をじゃますることは
できないんだよ。

 ~エンリケ・バリオス『アミ小さな宇宙人』~

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

先日、上司のご名代として訪ねてきてくれた取引先社員の素敵なお嬢さん。

わざわざ御挨拶のために、足を運んでくださった。

性格良し、笑顔良し、器量良し、言葉遣い良し、立ち振る舞いなどすべて良し.。

誰が見ても、素晴らしい御両親様のもとで大切に育てられたとすぐわかる。

思わずその場にいた同僚・部下たちにも紹介した。

彼女のことは、以前からよく知っている。

「そろそろかい」と聞いたところ、

「まずは相手から」とのことである。

「条件は」と尋ねると、

「価値観の共有できる方ならば・・・」と恥ずかしそうに答えた

その「価値観の共有」こそが、「魂と魂の間で発するエネルギーの共鳴」なんだよな。

「大丈夫。君なら必ずふさわしい相手が見つかるよ」と言って見送った。

彼女に幸あれと願う。

2015年3月24日 (火)

「許すとは自分をゆるませること」

ゆるすというのは
緩(ゆる)ませること、
心を。

心が締めつけられてると
苦しい。

「ゆるします」
って言うと、
ほんとうに心が緩む。

  ~斉藤一人~ 

僕には
小さい頃から大事にしている、
祖母から教えてもらった
言葉があるんです。

それは「あおいくま」です。

あ…あきらめるな

お…おこるな

い…いそぐな

く…くさるな

ま…まけるな

  ~コロッケ~

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

「ならぬ堪忍、するが堪忍」

これは母から教わった言葉。

母も、その母から教わったという。

祖母も、その母から教わったという。

イライラしても、腹を立てても何も変わらない。

もっと泰然自若としていなきゃね。

まだまだ未熟者です。 

2015年3月23日 (月)

「魅力とは見た目と話す言葉」

人っていうのは、
相手の見た目と、
話す言葉を聞いていたら
その人間がなにをするか、
ほぼ、わかるんです。    

  ~斎藤一人~

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

現在、来年度に向けての業務の引き継ぎを受けている。

その中で、

「さっきの会議、イライラしていただろう。しっかり顔に出ていたぞ。」

と上司に指摘された。さらに、

「これからは、何があっても絶対に腹を立てるな。」

との御指導を受けた。

恥ずかしくて、何も言えなかった。

今後は人をまとめて業務を遂行させる以上、

どんなことがあっても、決して腹を立てず、

誰にもその姿を見せず、悟られず、

言動には気を付けなければいけない。

温かい上司に、本当に感謝である。

しっかり反省しなければならない。

2015年3月22日 (日)

「全ては自分のために起こる」

辛くて苦しい日々、
それには必ず意味がある。
心の大きい人になるために
人の心の痛みがわかるために
なんでこんな状況なんだろうと思うことも
それには必ず意味がある
人として成長することが出来るために
与えることが出来る人になるために
人生に起きることには意味がある
起きた事に心を奪われるのではなく
起きた意味を考える
全ては、
自分が幸せになるために
起きていることだから

・・・・・・・・・・

FBより引用・転載

正直、しんどくて苦しい。

思うように仕事が進まず、イライラばかりしている。

なんでこんな思いをするのだろうとも考える。

全ては自分の成長のため。

すべての出来事は
前向きに考えればチャンスとなり、
後ろ向きに考えればピンチとなる。

問題が起きたことが問題ではなく、
どう考えたかが本当の問題である

  ~福島 正伸~

絶対に負けない決意で頑張るよ。

2015年3月18日 (水)

「ありがとうの反対語は」

ありがとうの反対語など、

今まで考えたこともなかった。

教えてもらった答えは…

「あたりまえ」

 ・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載

「あたりまえ」と思っていたことを、

「ありがとう」に置き換える。

毎日が、一気に輝きだす。

2015年3月17日 (火)

「新社会人へ贈る先輩達の失敗談」~日本経済新聞~

 3月14日、日本経済新聞にて「新社会人へ贈る先輩達の失敗談」と題する記事が掲載されていた。

第1位 電話に出るのが怖かった

第2位 職場の人の顔と名前が覚えられない

第3位 周囲に相談できなかった

第4位 寝坊して遅刻

第5位 緊張でうまく話せなかった

第6位 名刺の扱いに戸惑った

第7位 指示を取り違えドジを踏んだ

第8位 忙しくて友人と疎遠に

第9位 出費が増えて金欠になった

第10位 ビジネスメールが書けない

第11位 敬語を使いこなせなっかった

第12位 出先で道を間違えた

第13位 先輩に失礼な態度をとった

第14位 顧客に失礼をしてしまった

第15位 身だしなみで注意された

・・・・・・・・・・

 「新社会人」なんとすばらしい響きであろうか。

 ご同輩の皆様方も、このランキングを見て思わずニヤリとされた方も多いことであろう。HowTo本やマニュアル本が氾濫する現在、決してこれらに振り回されるな。現場での失敗こそが、大きく成長できるチャンスになるのだ。

 新社会人達よ、失敗にめげず頑張れ。私たちはいつでも応援している。

2015年3月16日 (月)

「とらわれない、こだわらない、かたよらない」

とらわれない心

こだわらない心

かたよらない心

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

最近、自分でも視野が狭くなってきていると感じる。

もっと、多様な価値観を認められるようになりたいものだ。

2015年3月15日 (日)

ギックリ、ビックリ!

 先週、トレーニングで筑波山に入ったのだが、翌日ギックリ腰になってしまった。雪交じりの雨の中でのトレーニングであったので、走って下山したことが災いしたようだ。部下からは、「やっつけるなら、今がチャンスですね」と笑われた。全員が忙しい中、山でギックリ腰になったとは、絶対に言えない。

 予定では、雲取山か大菩薩嶺に入る予定だったのだが、キャンセルした。とても残念である。最後の雪山だったのにくやしい。

 原因は、日ごろのトレーニング不足である。早く治して、再び山に入りたいものだ。

2015年3月14日 (土)

「誰も責めてはいけない」

誰も責めてはいけません

悪い人はあなたに経験をくれます

最悪の人はあなたに教訓をくれます

良い人はあなたに幸福をくれます

そして、最高の人は

あなたに愛をくれます

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

誰も責めてはいけない。

全てを受け入れ、全てに感謝する。

そして、全てを自分の糧としなきゃね。

2015年3月13日 (金)

今日の名言

「労を惜しめば、その果実は少なし。

    人の幸運は、その人の苦労に宿る」

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

正直、仕事がつらい。

誰にも言えないからブログに書いている。

来年度の昇格が決まったが、今以上に仕事が増加する。

未知の世界なので、とても不安である。

苦労をした分、必ずいいことあるよね。

頑張らなきゃ。

2015年3月12日 (木)

”You've Lost That Lovin' Feelin'”【邦題:ふられた気持】~The Righteous Brothers~(1964)

20世紀を代表する名曲のひとつ。

ライチャス・ブラザーズといっても、本当の兄弟ではない。

では、叶姉妹や阿佐谷姉妹かといえば、似ているようで路線が違う。

・・・・・・・・・・

この曲には、思い出がありすぎる。

今回も自分なりに訳してみた。

"lips"と"tips"と韻を踏んでいるところが、特に好き。

 

 

You never close your eyes any more when I kiss your lips
And there's no tenderness like before in your finger tips
You're trying hard not to show it baby but baby, baby I know it

唇を重ねても、君はもう目を閉じてくれなくなっちゃったね
指先にふれても もう君のやさしさを 感じなくなっちゃったよ
でもわかってたんだ 君がそれを見せないようにと 我慢していたことを

You've lost that loving feeling, oh that loving feeling
You've lost that loving feeling, now it's gone, gone, gone

君の愛は もう消えちゃったんだね
君はもう僕を愛してくれない 君の気持ちは もう消えちゃったんだね

・・・・・・・・・・

いや、いや、もう~、今となってはすっかり昔話だけど、

あの頃は、朝から晩まで繰り返し聴いていたものだ。

もう二度と立ち上がれないとさえ考えていた。

この映画みたいに、「もしかすると・・・」とも少しは期待していたんだ。

真剣だったし、冗談抜きで本気になっていましたからね。

でもね、あの時から、

「本気になり過ぎちゃいけない」

いうことを、痛いほど学びましたよ。

今だから書ける話だけどね。

他の人には内緒だよ(笑)。

2015年3月11日 (水)

祈りの日

 どこの会社も同じだろうが、今朝から半旗を掲げている。

上司の号令一下、全員が仕事を止めて1分間の黙とうをささげた。

 大震災から4年。一日も早い復興を祈る。

2015年3月10日 (火)

"Supercalifragilisticexpialidocious"~Mary Poppins~(1964)

世界で一番長い英単語。

スペルはもちろん、発音するのも難しい。

「スーパーカリフラジリスティクエクスピアリドージャス」

寝起きに3回連続して言えたら「神」の領域。

沢田研二は、ジュリー・アンドリュースに憧れて、

「ジュリー」と名付けたそうだ。

魔法の呪文として、この映画のために造られた単語。

皆さんも、ぜひチャレンジしてみてくださいな。

"You Don't Have to Say You Love Me"【邦題:この胸のときめきを】~Elvis Presley ~(1970)

You don't have to say you love me.
Just be close at hand.
You don't have to stay forever.
I will understand.
Believe me, believe me.

俺のことを 愛してるなんて 言わなくていい
ただ そばにいてくれればいい
ずっといてくれ なんて言わない
これでも わかっているつもりだ
俺を信じてほしい 信じてくれ

・・・・・・・・・・

女性のみなさん。

エルヴィスにこのように迫られたらどうします?

2015年3月 9日 (月)

"As Time Goes By"【邦題:時の過ぎゆくままに】~Dooly Wilson~(1943)

映画『カサブランカ』の劇中歌。

この映画は、時間があれば何度も観たものだ。

もちろん、自分をリック(ハンフリー・ボガード、ボギー)と重ね合わせてね。

以前、職場の飲み会で、

「もし元カノ・元カレと再会したらどうするか」

というお題で話をしたことがある。

私の場合は、

まず行きつけのレストランで食事をしながら、たくさんの話をする。

その後、

同じく行きつけのバーで飲み直しをした後、別れ際に、

"Here's Just Looking at You ,Kid."

と言いながら、この映画のDVDをプレゼントする。

と話したら、

”Wow!”

と叫んでくださったのは、

大昔に女子大生だったオバちゃん(失礼!)だけだった。

映画のストーリーはもちろん、

字幕の意識的日本語訳も素晴らしいのだけどな・・・(涙)。

2015年3月 8日 (日)

"Tammy"~Debbie Reynolds~ (1957)

いつものことだけど、あまりよく寝られず、疲れがぬけないんだ。

仕事も思うようにはかどらないし・・・。

イライラしているとき、イヤなことを忘れたいとき、

この曲を聴くと、心が落ち着きます。

2015年3月 7日 (土)

"A Lover's concerto"~Sarah Vaughan~

「愛する人との協奏曲」とでも訳すのだろうか。

バッハの「メヌエット」のアレンジ曲。

多くの歌手がカバーしているが、

サラ・ボーンのバージョンが一番好き。

Sittin' On The Dog Of The Bay【邦題:ドッグ・オブ・ザ・ベイ】~Otis Redding~(1968)

 オーティス・レディングは、1941年生まれ。しかし1967年12月11日に、飛行機事故で還らぬ人となった。

 この曲が大ヒットしたときに彼はこの世にいなかった。歌詞の全てにただよう物悲しさが、彼の存在を引き立てる。

 映画「トップガン」では、主人公マーベリック(トム・クルーズ)の母親が、かつて同じパイロットとして還らぬ人となった夫を待つ曲として使われている。

Sittin in the morning sun.
I'll be sittin' when the evening come.
Watching the ships roll in.
And I'll watch'em roll away again,yeah.

朝の陽を浴びながら ただ座っている。
きっと 夜が来ても 座っているだろう。
船が戻るのを眺めながら
そして また船が出て行くのを 眺めている。

・・・・・・・・・・

この曲には、昼下がりの苦いコーヒーがよく似合う。

戻らぬ人を待ち続けても、ただ待つことしかできない。

あなたには、今でも待ち続ける人がいますか。

2015年3月 6日 (金)

"if"~BREAD~(1971)

今、車の中で繰り返し聴いている曲。

朝日見つめながらハンドルを握っているとき、よく合う。

夕日が沈む時もいいのでしょうね。

でも、その時間には帰れない。

夜景のきれいなホテルでグラスを傾けながら、この曲をBGMに、

君と静かに語り合いたいな。

If the world should stop revoling
Spinning slowly down to die.
I'd spend the end with you.
And when the world was through.

もし 地球の自転が弱まり
やがて それが止まろうとしたとしても
俺は君と地球の最後の日まで ともに過ごしたい
たとえ 世界が終わりを迎えたとしても・・・

Then one by one the stars would all go out.
Then you and I would simply fiy away.

そうしたら 星が消えゆく中
君とふたりで大空めざして 飛び立とう。

・・・・・・・・・・

”ハイッ、カ~ット!”

とんぼさんお得意の「妄想ワンダーランド」でした(笑)

2015年3月 5日 (木)

「別れるために逢うんです」~瀬戸内寂聴~

どんなに好きでも

最後は別れるんです。

どちらかが先に死にます。

人に逢うということは

必ず別れるということです。

別れるために逢うんです。

だから逢った人が大切なのです。

        瀬戸内寂聴

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

3月は別れの季節である。

まだ死については考えたことはないが、

確かに、出会った人とは必ず別れる。

同じ別れるならば、

「よき別れ」、そして「よき出会い」をしたいものである。

一方、同じFBから

終わりや別れを意識しながら
一緒にいる必要はないけど、
全ては当たり前じゃないってこと、
忘れちゃいけない。

大切な人がそばにいること、
明日がくること、
全部奇跡なんだよ。

奇跡に感謝しなくてはいけませんね。

2015年3月 4日 (水)

「過去を振り返って戻りたくなる」

忘れられたなぁって思った頃に限って、
似てる人とすれ違ったり、

同じ雰囲気の人を見つけたり、
その人との思い出の曲が流れてきたり、

思いがけなく連絡が来たり…

そのたびに立ち止まって
前に進むのをためらって、

過去を振り返って戻りたくなる。

そんなこと
あなたは知らないんだろうけど…

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載

おそらくこの文章は、女性が書いたのでしょう。

しかし、男にだって「あるある」です。

昔の自分を思い出して、思わずドキッとした後、笑ってしまった。

文中の、

「そんなこと あなたは知らないんだろうけど・・・」

そうだったし、そうなんだよな。

2015年3月 3日 (火)

"Maggie May"~Rod Stewart~(1971)

 ロッド・スチュワートは、高校生のときに年上の女性と同棲生活をしたが、どうしても満たされず、彼女のもとを去ったという。この曲は、彼の経験を歌にしたものである。

*Oh Maggie I couldn't have tried any more.
You lured me away from home, just to save you from being alone.
You stole my heart and that't what really hurts.

おーマギー もう君との生活に我慢できないよ
自分の時間を持てると思ったし 君の誘惑に負けて家を離たんだ
君にすっかり夢中になったけど それが逆に辛くなっちゃったんだ

**Oh Maggie I couldn't have tried any more.
Yes led me away from home, just to save you from being alne.
You stole my soul and that't a pain I can do without.

おーマギー もう君との生活に我慢出来ないよ
自分の時間が持てると思ったし 君に魅了されて家を離れたんだ
君にすっかり夢中になっちゃって もう君なしではいられなくなったんだ

***Oh Maggie I couldn't have tried any more.
Yes led me away from home, 'cause you didn't want to be alone.
You stole my heart, I couldn't leave you if I tried.

おーマギー もう君との生活を続けられないよ
君も俺が家出することを勧めたよね それは君が一人でいるのがいやだったからでしょ
俺はすっかり君に夢中になっちゃって 君と一緒にいたかったんだ

****Oh Maggie I wished I'd never seen your face.
Yes made a first class fool out of me, but I'm as blind as a fool can be.
You stole my heart but I love you anyway.

おーマギー 俺はもう二度と君の顔など見たくないと思った
俺はもう救いようのない馬鹿だし まさに君の言う通りさ
君は俺の気持ちをすっかり奪ってしまったけど 本当は今でも君のことが好きなのさ

・・・・・・・・・

 高校生のときは、年上の女性がまぶしく見えるものだ。年上の女性とつきあうと、どうしても強がってしまう気持ちがでてしまうものだ。それを和訳に込めることは、とても難しかった。

 もう少し不良っぽい乱暴な言葉で訳したかったけど、使ったことがないもので・・・。

「苦しんで 初めて自分の弱さを知る」

苦しんで
初めて自分の弱さを知る。

悩んで
初めてやるべきことを知る。

泣いて
初めて強くなることを知る。

後悔して
初めて自分の目標を知る。

失敗して
初めて達成する事の難しさを知る。

失って
初めて幸せだったことを知る。

・・・・・・・・・・

FBから引用・転載。

この経験は誰にも代わってもらうことができない。

自分だけのものなんだよな。

全てを受け入れて、前を向かなきゃ。

2015年3月 2日 (月)

”I'm Not In Love”~10cc~(1975)

本当は大好きなのに、

アマノジャクになってしまったこと

だれにだってありますよね。

この曲も、眠れぬ夜にお勧めです。

2015年3月 1日 (日)

「あとで後悔する様な言葉を、口に出さない」

心の中で思っているだけなら、
いつか消す事が出来る。

だけど、一度言葉にすれば、
それを取り消す事はできない。

言葉を発した瞬間、
その言葉には責任が生まれるから。

人は誰もが、
深く考えずに、
毎日言葉を口にするけど、

思っている以上に、
言葉は大切なもの。

思った事全てを、
口にしてはいけない。

あとで後悔する様な言葉を、
口にしてはいけない。

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載

これがわかるようになることが

「大人になる」ってことなのでしょうね

"The Rose "~Bette Midler~ (1980)

またまた、眠れぬ夜のための一曲。

愛の定義は、ひとそれぞれ。

あなたにとって、愛とはなんですか。

・・・・・・・・・・

この曲に対するFB記事があったので、引用・転載する。

初めての授業で、 教授は自己紹介をし、
「今日は知らない人と友達になりなさい」
という課題を出した。
 

私は席を立ち、周りも見回した。 

すると突然誰かが私の肩を叩いた。 

振り向いてみると、なんとそれはお婆さんだった。 

彼女の笑顔は光って見えた。 

「やあハンサムボーイ。私はローズよ。 87歳なの。ハグしても良い?」 

私は笑い、とても喜んで

「もちろん!」

と答えた。 

彼女は自分をぎゅっと抱きしめてくれた。 

「お婆さん、なんでまだそんな若くてキレイなのに大学で勉強してるんだい。」 

「もちろんここでお金持ちの男を見つけて、 結婚して、子供をたくさん産んで・・・」 

「ははは。いや、本当は?」

私は彼女がどうしてこの歳で大学生に なろうと思ったのかが気になっていた。 

「いつか大学生になりたいと思ってたの!それで、やっと夢が叶ったわ!」

と答えてくれた。 

授業が終わった後、 私達は一緒に食堂に行き、チョコレートシェーキを食べた。 

私達は一瞬にして友達になった。 

それからしばらく、 私達は毎日授業を一緒に受け、 食堂に行き、ノンストップで話し続けた。 

ローズという「タイムマシン」が彼女の経験や叡智を私に聞かせてくれる度に、 私は彼女に魅了されたのであった。 

知らず知らずのうちに、ローズは大学の注目の的になっていた、 大学の学期が終わった後、彼女は大学のパーティーで スピーチを任された。 

私は、その時の彼女の言葉を一生忘れない。彼女は司会者に紹介された後、 前に上がった。彼女が話そうとしたその時、彼女はスピーチのカードを落としてしまった。彼女は恥ずかしがり、イライラしている様子だった。それから彼女はマイクのほうに行き、

「バタバタしててごめんなさいね。キリスト教で禁酒してるから、ビールは飲まないと決めてたんです。それにしても久しぶりのウイスキーは美味しいですね!さっきのカードの順番もわからなくなったので、とりあえず私が知っていることを喋りますね。」

とアドリブで言った。 

会場は笑いに包まれた。 

私達は年老いたから遊ぶのをやめるのではなく、遊ぶのをやめるから年老いてしまうのです。若さを保ち、幸せになり、成功するための秘訣は4つしかありません。毎日よく笑い、面白いことを見つけるのです。

夢を持ちなさい。夢がないと、あなたは死んでしまいます。世の中は死んでいる人達ばかり!しかも本人達はそれに気づいていない。年老いていくことと、成長することは全くの別物です。もしあなたが19歳で、1年中寝てばかりいて生産的なことをしなければ、20歳になります。もし私が87歳で、1年中寝たきりでいたら、88歳になります。誰だって年老いていくことはできます。特別な能力や才能は要りません。
大事なのは、いつも「成長する」機会を見つけることです。後悔をしないこと。年長者は、「やったこと」への後悔はありません。でも、「やらなかったこと」への後悔は、たくさんあります。死を恐れるのは、いつも後悔ばかりしている人です。 

彼女は、勇敢に「ザ・ローズ」という歌を歌い、自分のスピーチを終わらせた。 

彼女は歌詞を聞き、毎日においてそれを実現しなさいと言った。 

年が終わり、ローズは遂にずっと夢に見ていた卒業証書を手に入れた。 

卒業した一週間後、ローズは永遠の眠りについた。 

彼女の葬式には、2000人もの大学生が参列した。 

彼女は、

「夢を実現するには、遅すぎるなんてことはない」

という大切なメッセージを彼らに伝えてくれたのだ。年老いていくのはみんな一緒である。しかし、成長するかどうかは、人それぞれである。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »