2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

小さな幸せ(No.998)

猛暑続きの毎日、

仕事帰りに、いつものお店で一杯。

いや、「たくさん」の意味のイッパイ!

今月も良く頑張りました。

ちょっとピッチが早かったかな。

明日仕事だということを忘れてた。

20150731

小さな幸せ、見つけましょ。

”AWESOME!”

2015年7月 7日 (火)

「ゆるしとは 怒りからの解放」

『 幸せの処方箋 』
             
ゆるすことは

幸せになるための処方箋           
ゆるさないことは            
苦しむための処方箋           
      
苦しむための原因が何であれ         
苦しみにはすべて           
「 ゆるさない 」という種が            
宿っているのかもしれない。
                     
ゆるしとは       
怖れに満ちた過去に           
こだわり続けることをやめること
       
ゆるしとは      
過去の影に惑わされることなく       
今この瞬間に       
百パーセント生き        
百パーセント愛すること
     
ゆるしとは      
怒りからの解放であり          
攻撃的な思いにサヨナラすること
         
ゆるしとは          
今この瞬間にゆるすということは、          
もう先延ばしせずに       
だだゆるすこと      
       
1人ひとりが         
自分を含めてすべての人を      
完全にゆるせるようになったとき           
世界は本当に平和になるということ

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

ゆるしましょ。

2015年7月 4日 (土)

「受け止める強さと、前を向く勇気」

誰もが、
大切なものを
失いながら、
それでも強く、
生きていく。

失ったものが
大切だった分だけ、
人は成長し、
多くを学ぶ。

今、悲しいこと、
辛いこと、
耐えられないこと。
そのすべてが、
これからの自分を
つくっていく。

受け止める強さと、
前を向く勇気。
大切なことは、
この二つ。

・・・・・・・・・・

FBからの引用・転載。

こういう言葉をかけられる人になりたいな。

「あなたに必要な人」

あなたに必要な人は、

必要なときに現れるものです

あなたの夢を助けてくれる人も

必ずいるから大丈夫

出逢うときには、出逢ってしまう

そういう出逢いが、

誰にでも用意されているのです

早すぎることも遅すぎることもなく

絶妙のタイミングで・・・

・・・・・・・・・・

FBからの引用、転載。

よき出会いを。

2015年7月 1日 (水)

「思いは見えないけれど、思いやりは見える」~宮澤章二~

「心」は誰にも見えない。

けれど「心遣い」は見える。

「思い」は誰にも見えない。

けれど「思いやり」は見える。

あたたかい心も、

やさしい思いも、

行いによってはじめてみえる。

   ~宮澤章二(詩人・作詞家)~

・・・・・・・・・・

 この詩は、震災後のAC広告「思いは見えないけれど、思いやりは見える」のフレーズでご存知の方も多いと思う。

 詩の作者である宮澤章二(1919~2005)は、埼玉県羽生市出身の詩人・作詞家である。彼は、同じ埼玉県の(現)加須市出身の下総皖一(1898~1962)と出会ったことで、詩人・作詞家として活動を開始した。

 彼の詩は、子どもの頃の学習教材の表紙に、しばしば掲載されており、当時からとても身近に感じていた。今、改めて読み直してみると、新たな新鮮さがある。

 私も、優しさを「行い」にうつせる人になりたいものだ。

 よき出会いを。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »