2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

「馬鹿になれ」~アントニオ猪木~

馬鹿になれ

とことん馬鹿になれ

恥をかけ

とことん恥をかけ

かいてかいて

裸になったら見えてくる

本当の自分が見えてくる

本当の自分も笑ってた

それくらい馬鹿になれ

 ~アントニオ猪木~

・・・・・・・・・・
FBから引用・転載。

そうだよな・・・。

中途半端ほど始末に負えないよな。

「馬鹿になって、馬鹿になりきる。」

これが今の自分には必要なことなんだろうな。

小さな幸せ(No.989)

Photo


FBからの引用、転載。

hahaha・・・。

しめしめ、いいこと聞いたぞ!(笑)

現世は無理でも、「来世」ではプロを目指して頑張るぞ。

もちろん、女性に対してね(爆)。

”AWESOME!!”

小さな幸せ、数えましょ。

・・・・・・・・・・

〈21:00追記〉

学生のころだったか、社会人1年目のころだったか、

ちょっと高いレストランを予約して、

好きな女の子と食事をしていたとき、

勇気を振り絞って聞いたのに、

「いないよ!」

って言われたときは、

かなり凹んだな・・・。

2016年1月30日 (土)

「至誠」~渋沢栄一~

交際の奥の手は至誠である。

理にかない調和がとれていれば

ひとりでにうまくいく。

 ~渋沢栄一~

・・・・・・・・・・

FBより引用・転載。

渋沢栄一は、埼玉の生んだ偉人。

至誠を尽くすことは、人として当然のことだ。

しかし空振りばかりで、

思うように相手に伝わらないことも、しばしばだ。

それは理にかなわず、調和が取れていないためなのだろうか。

天皇皇后両陛下の比島御訪問、深く感謝申し上げます。

天皇皇后両陛下の比島御訪問、深く感謝申し上げます。

私の伯父(父の長兄)は、当初は近衛歩兵第六連隊でその任にあたっていた。末弟の父は、ずいぶんとかわいがってもらったそうだ。そして父も、兄が近衛兵であったことに誇りを持っていたという。

しかし戦局が悪化し、さらに「秘密召集」の後、比島へ出兵することとなった。

「秘密召集」とは、召集自体が極秘で一切他言してはならないのだ。もちろんドラマ等でみられるような壮行会や千人針も認められない。出陣前のお別れの際、祖父母と父は、神宮球場で「さらし」を渡したそうだ。これは「千人針」ではない。その「さらし」は、万が一輸送船が沈没した際にサメ除けに使うためである。その伯父も、終戦の1ヶ月前にルソン島の北部にあるキャンガン(現:キアンガン)で戦死した。帰国する際は木箱で、その中には石しか入っていなかったという。

今回の両陛下の御訪問先も、祖母と父は厚生省の慰霊ツアーで行ったという。

天皇皇后両陛下の比島御訪問は、私たち遺族にとって本当にありがたいことである。

おそらく実家では、父がテレビに向かって手を合わせていることだろう。

両陛下の御心同様に、私も二度と戦争をしない世の中になることを願っている。

2016年1月26日 (火)

「会社のために働くな」~本田宗一郎~

自分が犠牲になるつもりで勤めたり、

モノを作ったりする人間がいるはずがない。

だから会社の為などとカッコいいことを言わずに、

自分の為に働け。

  ~本田宗一郎~

・・・・・・・・・・

FBから引用、転載。

はい!自分のために働きます。
 

2016年1月24日 (日)

冬の散歩道

Photo

悩み事は、散歩して忘れるのが一番だ。 

まあ、ちょっと外へ出てみたまえ。 

ほら、悩みごとなんか、翼が生えて飛んで行ってしまう。 

   ~デール・カーネギー~

・・・・・・・・・・

本当は、今日は指導者講習、兼遭難対策訓練で八ヶ岳にいるはずだったんだ。

しかし仕事の都合で、結局参加できず・・・(涙)

今頃、仲間たちはガリガリ練習しているのだろうな。

せっかく新しいアイゼンを用意したのに、結局使えずじまい。

朝から「山は逃げない」とつぶやいてばかり。

来年こそは、参加しなきゃ。

・・・・・・・・・・

”Hazy Shade Of Winter”(邦題:「冬の散歩道」)

直訳すると「冬の淡い影」なのに「冬の散歩道」と訳したところにセンスを感じますね。

ここでは、あえてBanglesの曲から。

個人的には、こっちのほうがかっこいいな。

Banglesといえば、この名曲も忘れてはいけませんね。

”Eternal Flame”(邦題:「胸いっぱいの愛」)

これまた、「永遠の炎」と直訳しないところに、またまた翻訳者のセンスを感じますね。

この歌詞を女性からささやかれたら、おそらく失神しちゃうでしょうね。

ハイッ!

しげまるさんお得意の「妄想ワンダーランド」でした。

「自分がされて嫌なことはしない」

考え過ぎない。

勝手に疲れない。

自分だけだと思わない。

状況に酔い過ぎない。

自分がされて嫌なことはしない。

・・・・・・・・・・

FBから引用、転載。

考えすぎて、勝手に疲れ・・・

今の自分に「あるある」なこと。

せめて「自分がされて嫌なことはしない」

少なくともこれだけは、死守したい。

2016年1月23日 (土)

小さな幸せ(No.990)

Photo

・・・・・・・・・・

FBから引用・転載。

PuPuPuPuPuPu...

「社畜」と呼ばれて、はや○十年、

私も「猫」になりたい(笑)。

”AWESOME!!”

小さな幸せ見つけましょ。

2016年1月22日 (金)

「経験したことを誇りに思う」

忘れようと思っても
忘れられないことって
たぶん忘れちゃいけないことなんですよ。

だから無理して忘れようとしなくていいんです。
それを経験したからこそ成長できたです。
それを経験したからこそ今があるんだと思います。

だからどうぞ経験したことを誇りに思って下さい。

そうすれば未来が変わります。

・・・・・・・・・・

FBより引用・転載。

忘れよう、忘れようとしてもなかなか忘れられないことがある。

それは、決して忘れてはいけないこと。

だから無理して忘れようとしなくても、いいんですね。

 

万葉集 at 大菩薩峠

道の辺の 草を冬野に 踏み枯らし

   我れ立ち待つと 妹に告げこそ

      ~作者未詳~

Photo

なんか、いいでしょ。

2016年1月21日 (木)

いいことあったら、「おかげさま」

ひといきついたら、

  「おつかれさま」

いいことあったら、

  「おかげさま」

・・・・・・・・・・

最近のスマホは、よくしゃべる。

退勤途中のひと言。

「やれやれ」と帰宅するときだったからこそ、

「グッ」ときた。

人としての基本ですね。

2016年1月20日 (水)

夕されば・・・ at 大菩薩峠

ありきたりの写真ですが・・・。

Photo_2

夕されば 小倉の山に 鳴く鹿は

 今夜は鳴かず い寝にけらしも

    ~崗本天皇~

2016年1月19日 (火)

磐梯山、中の湯温泉跡地

以前撮影した山の写真を見返している。

ここは磐梯山の麓にある、中の湯温泉の跡地。

今頃は、雪に覆われているのかな。

かつては多くの湯治客が訪れたのでしょうね。

Photo

百敷や古き軒端のしのぶにも

 なほ余りある昔なりけり

     ~順徳院~

2016年1月17日 (日)

現実逃避したい・・・to 谷川岳

 先週は、異常な勤務であった。

もちろん、昨日今日も出勤。

中でも午前4時出勤、午後10時退勤が3日続くと体にこたえる。

「これでは寿命が縮む」とすら感じた。

好きで労基法の適用外をしているのだから仕方がない。

 働くというのは、こういうことなのだろう。

Photo

あ~、山に逃げたい・・・。

Pic_1451872806374

2016年1月15日 (金)

夕日 at 大菩薩峠

 大菩薩峠で夕日を眺めていたとき、思い出した。

Photo

 昔、先輩と山で夕日を眺めていたとき、

「どう?この曲、にあうでしょ。」

と、小さなカセットテープで、かけてくれたのが、

Eaglesの”Hotel California”    

確かにこの曲には、沈む太陽がよく似あう。

 もし私が後輩と登ったら、この曲をかけようかな。

2016年1月14日 (木)

ご来光 at 大菩薩峠

1月の連休中に百名山の一つ、大菩薩嶺に登る。

自分のアイゼンワークの練習に山に入ったのだが、

全くと言ってよいほど雪がない。

Photo

山小屋から手を合わせた日の出、

今年も安全登山ができますように・・・。

・・・・・・・・・・・

日の出を拝んでいたとき、自然と頭の中に浮かんだ曲。

"How deep is your love"
(邦題:愛はきらめきの中に)

      ~Bee Gees ~

”How deep is your love ?”を「愛はきらめきの中に」

と、訳す能力、素晴らしいですね。

2016年1月10日 (日)

グッピーちゃんからみた私

「しげまるさんのイメージは、最初はムズカシイ事をしている研究者っぽいイメージでした。お堅い職業人なのかなぁ?と。ブログでは家族の事とかは書かないと言われていたのと、記事も哲学的な事が多く、イマイチ人物像がつかめなかったです。

文章からは読み取れないけれど、とても素敵な写真をUPされていて、写真からは、しげまるさんの一部がチラ見できるかなぁ?感性を磨かれている感じ。人望厚く、仕事ができる大人の人。山登りが好きで自分に向き合う事の出来る人。でも、少々さびしがり屋さん?というか、頑張り屋さんで、ストイックすぎるところ有(笑)。

今年に入っての記事やコメントを読んで、なんだか、しげまるさんらしさが出ているなぁって気がしました。今まではちょっと自分を作っていた感があり、とても素敵な人なのに、あまりそれが伝わってこなかった。今のしげまるさんの方が、ちょっと親しみやすい(?)と思います。

文章にするとうまく書けないけれど、アバタ―もにっこり微笑んでいるように、一つ山を越えたのかしら?と感じました。今のしげまるさんのイメージは、そうですね、優しいお兄さん

・・・・・・・・

ブロ友のグッピーちゃん(http://vielen-dank.cocolog-nifty.com/703/2016/01/post-c010.html)が、わざわざ私のことを書いてくださった。

多大な評価に、気恥ずかしかったですが、とても嬉しかったです。

ありがとう。

ブログだからこそ正直に書きます。実はかれこれ3年ほど自分でも抱えきれない問題と向き合っております。「身から出た錆」という言葉通り、これは全て自分に責任があるのです。

頭では、自分が全てを受け入れ、変わるしか方法がないと理解しているのですが、それを引きずり、苦しみ続けている未熟者なのです。

グッピーちゃんからの「一つ山を越えたのかしら?」との心温まるご評価とコメント、涙が出そうになりました。自分では、変わりたくても変われないと思っておりましたが、あれから少しは前に進んでいると見てくださった。

本当に嬉しかった。グッピーちゃん、ありがとう。

これからもよろしくね。

2016年1月 9日 (土)

「人間はどんなところでも学ぶことができる」~マスター・キートン~

人間は
どんなところでも
学ぶことができる。

知りたいという
心さえあれば。

 ~ マスター・キートン ~

・・・・・・・・・

FBから引用・転載。

私の尊敬するT先輩。

退職後も、常に学び続けている。

私も学び続けたい。

先輩のように。

2016年1月 8日 (金)

雪はどこへいった

連休中、大菩薩嶺に入る。

山小屋に問い合わせたところ、ほとんど雪がないそうだ。

なければないで構わないのだが、やはり寂しいものだ。

雪が少ないならば、積極的に山に入ろう。

むふふっ(笑)

・・・・・・・・・・

"Where Have All The Flowers Gone"
   (邦題:花はどこへ行った)
                 ~ PPM ~

これは、ベトナム反戦歌でした。

2016年1月 6日 (水)

谷川岳ブルー(その2)

1月4日に登った谷川岳の写真を見返しながら、その余韻にひたっている。

Photo
双耳峰の谷川岳、美しいお姿です。
Photo_3

このあたりで、2回ほど雪崩の轟音をきく。

おそらくこの山の向こう側で起きたのでしょう。

Photo_5

多くの先達さんのおかげで、安心して登れます。

Photo_6

山頂のひとつ「トマの耳」。

例年なら標識が埋まっているのですが、今年はこのくらいです。

Photo_7

こちらが「オキの耳」、1977mの山頂です。

標識も恥ずかしそうに顔を出しています。

Photo_12

「オキの耳」から新潟方面。

うっかり踏み外したら、谷底へ一直線。

Photo_8

「オキの耳」から「トマの耳」を望む。

このアングルも大好きです。

Photo_9

「トマの耳」を通過し、肩の小屋へ。

沼田山岳会様が、登山道に赤い旗を設置してくださり、安心して登山できました。

さらには日頃から安全指導や登山道整備をしてくださる群馬県警の皆様方等、本当にありがとうございました。

Photo_10

肩の小屋から万太郎山方面。

寒くなければ、もう少しゆっくり眺めていたかった・・・。

Photo_13

途中でみつけた岩に咲く雪の華。

大自然が作り出した芸術作品。

素晴らしいですね。

・・・・・・・・

この記事を書いていたら、突然この曲を思い出した。

当時は女性目線の歌だったので、おおっぴらに聴いていたことを人に話せず、こっそり聴いていました。

ちなみに今でも部屋のどこかにCDがあるはずです。

この曲を聴きながら、歌詞の内容に妙にうなづいていました。

あのころは、妙にかっこつけていたし、不器用でした。

若かったですね。

”セパレイト・ブルー” ~PSY・S~

”Friends or Lovers” ~PSY・S~

今となっては、よき思い出です。

・・・・・・・・・・

正月ボケから脱却するために登ったのに、

登山の後遺症でこっそりニタニタしている。

しっかり仕事をしなければいけませんね(笑)。

信頼が揺らいだら、さようなら~リトル・ミー~

信頼でしょ。

これが揺らいだらおしまい。

さようなら。

  ~リトル・ミー~

・・・・・・・・・・

信用と信頼は異なる。

簡単に言えば、信頼とはその人の「過去」と「未来」を信じることだ。

この言葉を人から言われることはもちろん、

人様に言うようなことだけはしたくない。

2016年1月 5日 (火)

たまたま撮影したお気に入り写真

先日の初日の出登山の際に、たまたま撮影した写真。

写っている方は、存じ上げない先達さんです。

勝手に撮影してごめんなさい。

P1030054_2
なんか、いい感じでしょ。

谷川岳ブルー

1月4日、ソロで谷川岳に入る。

堕落した正月休みから脱却するためである。

熊穴沢避難小屋までは雪がしまっており、ノー・アイゼン、小屋から装着する。

Photo_11

万が一に備えフル装備で登ったが、ストックで登頂。

下山時は安全を考え、ピッケルを使用した。

Photo_2

実に美しい谷川岳だ。

これだから、山をやめられない。

Photo_3

自然が織り成す造形美。

心洗われる一日でした。

ちなみに15348歩、消費水分2000ccでした。

2016年1月 4日 (月)

初日の出

1月3日、午前2時半自宅を出発して山に向かう。

日の出1時間前に山頂到着。

Photo

かささぎの 渡せる橋に おく霜の

 白きをみれば 夜ぞふけにける

    ~「新古今集」中納言家持~

雲を切り分け、太陽が顔をだす。

Photo_2

皆様に、幸せのおすそわけ。

よき年になりますように。

・・・・・・・・・・

〈ご挨拶〉

元日より、ハンドル・ネームと「とんぼ」から「しげまる」に戻しました。

昔の名前でお伺いしますが、その際はよろしくお願いします。

2016年1月 1日 (金)

”Beautiful”~Superfly~

 明けましておめでとうございます。

 一日遅れで録画した紅白を観ている。

最初は大好きなBUMPと、学生のころ聞いていたREBECCAを観ればいいと思っていた。途中でSuperflyの『Beautiful』を聴き、全身チキン肌。

ものすごい歌唱力だ。また歌詞も素晴らしい。歌詞にニーチェを感じたのは私だけだろうか。

元気が出た。ありがとう。

YouTubeの映像もGOODですね。

よし、このCDを買って出勤するときの元気ソングとして、車の中で聴こう。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »