2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 信頼が揺らいだら、さようなら~リトル・ミー~ | トップページ | 雪はどこへいった »

2016年1月 6日 (水)

谷川岳ブルー(その2)

1月4日に登った谷川岳の写真を見返しながら、その余韻にひたっている。

Photo
双耳峰の谷川岳、美しいお姿です。
Photo_3

このあたりで、2回ほど雪崩の轟音をきく。

おそらくこの山の向こう側で起きたのでしょう。

Photo_5

多くの先達さんのおかげで、安心して登れます。

Photo_6

山頂のひとつ「トマの耳」。

例年なら標識が埋まっているのですが、今年はこのくらいです。

Photo_7

こちらが「オキの耳」、1977mの山頂です。

標識も恥ずかしそうに顔を出しています。

Photo_12

「オキの耳」から新潟方面。

うっかり踏み外したら、谷底へ一直線。

Photo_8

「オキの耳」から「トマの耳」を望む。

このアングルも大好きです。

Photo_9

「トマの耳」を通過し、肩の小屋へ。

沼田山岳会様が、登山道に赤い旗を設置してくださり、安心して登山できました。

さらには日頃から安全指導や登山道整備をしてくださる群馬県警の皆様方等、本当にありがとうございました。

Photo_10

肩の小屋から万太郎山方面。

寒くなければ、もう少しゆっくり眺めていたかった・・・。

Photo_13

途中でみつけた岩に咲く雪の華。

大自然が作り出した芸術作品。

素晴らしいですね。

・・・・・・・・

この記事を書いていたら、突然この曲を思い出した。

当時は女性目線の歌だったので、おおっぴらに聴いていたことを人に話せず、こっそり聴いていました。

ちなみに今でも部屋のどこかにCDがあるはずです。

この曲を聴きながら、歌詞の内容に妙にうなづいていました。

あのころは、妙にかっこつけていたし、不器用でした。

若かったですね。

”セパレイト・ブルー” ~PSY・S~

”Friends or Lovers” ~PSY・S~

今となっては、よき思い出です。

・・・・・・・・・・

正月ボケから脱却するために登ったのに、

登山の後遺症でこっそりニタニタしている。

しっかり仕事をしなければいけませんね(笑)。

« 信頼が揺らいだら、さようなら~リトル・ミー~ | トップページ | 雪はどこへいった »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげまるさん、こんばんは。
この間もコメントしようとしたのですが、うまくいかずじまいでした。今日は失敗しませんように、と思いつつスマホをつついております。
写真、心が洗われるような、本当にステキな写真ですね。しげまるさん、なんとな~く、イメージ変わりました!?

雄大 かつ 荘厳 な景色ですなぁ~
苦難を乗り越えた先に現れる 桃源郷 といったところでしょうか

職場でニヤついてると 変態上司 って言われますよ

だれかつけたか まんたろうやま
実に素晴らしい山です

グッピーちゃん、コメントありがとうございます。
あら、まあ、スマホからのコメントですか、
あんな細かい作業ができるなんて、さすがお若いですね。
山はいいですよ!
普段頭の中でグルグル回っていることを忘れるのに最適です。
ところで、グッピーちゃんからみた私のイメージってどういうのでしょうか??
きっと堅物におもわれているのでしょうね(笑)

まんたろう様、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、ニヤついていると「変態」っておもわれちゃいますね(爆)
実際に変態だからいいんですけど(笑)
まんたろう様の近くにも素晴らしい山がたくさんありますよね。
うらやましいです。

「まんたろう山」って、私も大好きな山ですよ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信頼が揺らいだら、さようなら~リトル・ミー~ | トップページ | 雪はどこへいった »