2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

北穂高、涸沢岳、奥穂高、ソロテン報告

 昨日、北穂高から奥穂高の縦走コースより無事帰宅した。今日は、洗濯やらテント干しなどの事後処理に追われた一日であったが、すぐに筋肉痛がでたことに、「まだまだ若い」と少々満足。少しでも早くブログにアップしたいと思うが、書きたいことが多すぎて、まとまらない。今回の反省点は、荷物が多すぎて、初日は涸沢カールまでたどり着けず、横尾山荘にてギブアップ。そこでテントを張った。その日は、敗北感でいっぱいだったが、この悔しさをバネとし翌日は午前2時に出発し、涸沢、北穂高、涸沢岳、奥穂高岳をめぐり、テント場に戻ったのが午後7時であった。昔と比べて、確かに歩荷力は低下したが、脚力はまだまだと、自信回復。

 朝のうちは晴れ間が見えたが、あとはガス・ガス・ガス・・・、自分でも納得できる写真は少ないのだが、とりあえず写真をご覧ください。 

640x403


476x640

 今回の反省を生かし、来月は槍ヶ岳、9月には北岳と間ノ岳にチャレンジしたい。

 ★今回の教訓★、

「ソロ山行の場合は、荷物は必要最小限にする。」

今回は、自分でも笑ってしまうほど荷物が多かった。ひとりしかいないのだから、必要最低限の荷物だけでよかったのです。

 アホですね~(笑)。

 

2016年7月30日 (土)

北穂高から奥穂高縦走を終えて(速報)

北穂高から奥穂高の縦走から無事下山し、現在上高地でバス待ちの休憩をしている。
もう一泊して槍ヶ岳もと考えたが、雨天のため断念した。
久しぶりのソロテンだったが、反省すべき点は多々ある。
脚力は大丈夫でも、歩荷力の無さに自己嫌悪。
原因は、余計な指導者癖が抜けず、荷物を持ちすぎたことだ。
来月はリベンジに槍ヶ岳に入ろう。

2016年7月27日 (水)

大宮駅午後9時30分

大宮駅午後9時30分
赤い顔をしてご機嫌なお父さん。
難しい顔をして駅に急ぐサラリーマン。
三ノ宮駅行きバス停前で別れを惜しむ恋人たち。
さまざまな人たちを眺めながら、上高地行きバスに乗り込む。
さあ、これから穂高だ。
いっぱい楽しんでやる!

2016年7月26日 (火)

予備の蚊取り線香の持ち運び方

FBから引用・転載。

Photo

蚊取り線香はブヨ除けに最高。

これはナイスアイディア!

早速使わせてもらいます。

2016年7月25日 (月)

「必要なのは学問だよ」~田中角栄~

必要なのは学歴ではなく

学問だよ。

学歴は過去の栄光。

学問は現在に生きている。

   ~田中角栄~

 尋常小学校しか出ていない田中角栄には「学歴」がなかった。角栄はそれに劣等感を感じたこともあったが、政治家となってからは逆にその「学歴のなさ」を自らの武器として使うようにもなった。
 「学問」とは志を持った人間がいつでも学ぶことのできる「生きるための知恵」だ。人間にとって本当に必要なものは必ずしも高学歴ではないということを、角栄は戦後、初めて体現した政治家だった。

    別冊宝島編集部編 『田中角栄100の言葉』

・・・・・・・・・・

 過去の栄光にしがみつかず、志を持って「学問」を続けましょ。

「生きるための知恵」を身につけるために。

2016年7月24日 (日)

ありゃありゃ、つまみ食い

 山の準備をしている。たいしたものを作る予定はないが、準備をしながらつい、行動食などをつまみ食い(汗)。

カロリーが高いものだが大丈夫。登山の一週間前からはカロリーを上げるのが通例だ。

 これでは、また明日の帰宅途中に買い出した(笑)。

2016年7月23日 (土)

あこがれの穂高へ

 例年ならば梅雨明け宣言をしている関東地方だが、まだまだ天候がすぐれない。

 いよいよ今週半ばから憧れの穂高に入る。昨夜は仕事帰りに食料品を購入した。今回は「ソロテン」(意味:単独でのテント泊)なので、誰にも気を使わないですむ。その分荷物の量は増えるが、重い荷物を背負うと、子どもの頃に祖母から聞いた「日本兵は50キロの荷物を背負って行軍した」という話を思い出す。

 若かりし頃は、がむしゃらにスピードを競いガツガツ登っていた。今はノーマルルートで景色を楽しみながら、じっくりと楽しみたいと思う。天候が悪ければ、そのままテントの中でのんびり過ごせばよい。夜は、満点の星空のもとで静かに水割りを飲む。天気が悪ければ、そのまま寝てしまえばよい。時間の制約から解放され、携帯電話のつながらない山域には、美しい景色と、素晴らしい出会いが待っている。

 今日は午後から仕事だが、午前中は自由に時間を使える。部屋を片付け、しっかりと山の準備に入ろう。

2016年7月21日 (木)

「心を込める」~マザー・テレサ~

大切なことは、 
どれだけたくさんのことや 
偉大なことをしたかではなく、  
どれだけ心をこめてしたかです。

 ~ マザー・テレサ ~

・・・・・・・・・・
FBから引用・転載。

最近忙しさにかまけて、仕事がおおざっぱになっちゃったかな。

もっと丁寧に対応しなきゃ。 

2016年7月18日 (月)

おもしろくない連休最終日

 2日間の展示会を終え、放心状態で三連休最終日を過ごしている。結果的には大成功であったが、どうもおもしろくない。

 「段取り八分」というが、企画や準備からすべて担当したが、途中から入ってきた人に手柄を横取りされたようで、どうもすっきりしない。次回はすべて担当してもらうことにしよう。

 期間中は、唯一の休日を日帰り登山に逃げようと考えていたが、結局寝坊して、グズグズ過ごしている。

 仕事の愚痴をブログにしかこぼせないなんて、情けないですね。

 

2016年7月15日 (金)

「花金」という言葉は死語なのか?

まだまだ仕事が終わらない。
明日も明後日も仕事。
若い衆も、ひたすら頑張っている。
世の中は三連休に入るというのに、なんてこった!
「花金」という言葉は、もはや死語なのだろうか。
部下たちは、本当によくやってくれる。
申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

2016年7月11日 (月)

"Chiquitita"~ABBA~

どうしようもない迷路にはまってしまったとき。

自分が何者かわからなくなったとき。

そんなときに、ピッタリな曲。

歌詞を読んでいるだけで、泣けるぜ。

名曲だね!

大宮駅午後7時

大宮駅の待ち合わせ場所「まめの木」にて。
そこは、多くの若者たちであふれていた。
ちょっと前までは、なにも気にならなかったが、
よく見ると、彼らとの年齢差にかなり違和感。
1468193458064.jpg
気がつくと、すっかりオジさんになっちゃったのですね。

2016年7月 9日 (土)

「裏切りなんてこれからもじゃんじゃんあるんだから」~ビートたけし~

あいつ、裏切った、裏切ったって心の中に毒持って生きてくより、

相手にいいことしてやったっていう感覚でいるほうがいいんだ。

だって、裏切りなんてこれからも

じゃんじゃんあるんだから。

それをいちいち自分の問題にして抱え込んでたら

大変なことになっちゃうもん。
   
  ~ ビートたけし ~

・・・・・・・・・・

FBから引用、転載。

信じていた人から裏切られたことは、とても悲しいこと。

そして決して忘れることができないこと。

「相手にいいことしてやった」という感覚を持てば、

すこしは許すことができるかもね。 

2016年7月 6日 (水)

”I Feel Fine"~ The Beatles ~

祝、ビートルズ来日50周年。

その時には生まれていなかったけど。

はじめて聴いたのは、中学校の時。

思い出すな~、あの頃を。

好きな女の子ができて、この曲を歌っていた。

とってもうれしかったんだ。

あと、この曲も。

”All My Loving ”

しげまるさんの、若かりし頃の思い出でした(笑)

2016年7月 4日 (月)

「われと思わん者は、遠慮なく大臣室へ来てくれ」~田中角栄~

私は小学校高等科の卒業である。

しかし、いささか仕事のコツはしっている。

われと思わん者は、遠慮なく大臣室へ来てくれ。

上司の許可は要らない。

何でも言ってくれ。

できることはやる。

できないことはやらない。

すべての責任は、この田中角栄がとる。

    ~田中角栄~

・・・・・・・・・・

FBより引用・転載。

私は、田中角栄が総理を務めていた時のことを知らない。

しかし総理を辞めたあとに、悪の権化のような扱いをされていたことは知っている。

この言葉は、よほど自分に自信がなければ言えない言葉だ。

私も、このような上司に出会いたいものだ。

いや、なりたいものである。

 

2016年7月 3日 (日)

「苦悩があるから成熟する」~ヴィクトール・フランクル~

成果がなかったということは、
無意味だったということではない。

たとえば、恋愛に成功しなかった、ということが、
無駄だったとか、心を痛めただけだった、
ということを意味しているのではない。

なぜならば、その苦悩の中で、
人はたくさんのものを得るからだ。

苦悩があるから成熟する。
苦悩したからこそ、新しく成長できる。
喪失、困難、苦悩は、人に豊かなものを
与えてくれるのだ。

    ~ヴィクトール・フランクル~

・・・・・・・・・・

FBから引用・転載。

ヴィクトール・フランクルは、私の好きな心理学者であり、精神科医。

彼の著書を読んだが、なかなか奥が深い。

「苦悩があるから成長する。
  苦悩したからこそ、人に豊かなものを与えてくれるのだ」

素敵な言葉ですね。

今日も仕事、明日も仕事

今日も仕事、明日も仕事。

時折辞めたくなるときもあるけれど、

仕事があることは、いいことだ。

今日も元気に行ってきます!!

2016年7月 2日 (土)

小さな幸せ(No.987)

しばらく「小さな幸せ」の記事を書くことを忘れていた。

いつものFBの記事を読みながらブフブフ笑っています。

Photo

Photo_2
Photo_3


Photo_4


笑いって大切。

世の中には頭のいい人がたくさんいるものですね。

職場の窓から

外からお囃子が聴こえる。
お祭りに向けての練習だ。
今年も半分が過ぎたのですね。

「ありがとう」と「ごめんなさい」~ノンスタ・井上裕介~

ありがとう。 

たった五文字で
繋がる道がある。
   
ごめんなさい。

たった六文字が言えずに 
切れる道もある。
   
気持ちは 
言葉にしないと 
伝わらない

    ~ノンスタイル・井上裕介~

・・・・・・・・・・

FBから引用・転載。

シンプルだけど大切なこと。

当たり前のことを、当たり前にできなきゃね。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »