2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 北穂高から奥穂高縦走を終えて(速報) | トップページ | 北穂高岳南稜から望む涸沢岳 »

2016年7月31日 (日)

北穂高、涸沢岳、奥穂高、ソロテン報告

 昨日、北穂高から奥穂高の縦走コースより無事帰宅した。今日は、洗濯やらテント干しなどの事後処理に追われた一日であったが、すぐに筋肉痛がでたことに、「まだまだ若い」と少々満足。少しでも早くブログにアップしたいと思うが、書きたいことが多すぎて、まとまらない。今回の反省点は、荷物が多すぎて、初日は涸沢カールまでたどり着けず、横尾山荘にてギブアップ。そこでテントを張った。その日は、敗北感でいっぱいだったが、この悔しさをバネとし翌日は午前2時に出発し、涸沢、北穂高、涸沢岳、奥穂高岳をめぐり、テント場に戻ったのが午後7時であった。昔と比べて、確かに歩荷力は低下したが、脚力はまだまだと、自信回復。

 朝のうちは晴れ間が見えたが、あとはガス・ガス・ガス・・・、自分でも納得できる写真は少ないのだが、とりあえず写真をご覧ください。 

640x403


476x640

 今回の反省を生かし、来月は槍ヶ岳、9月には北岳と間ノ岳にチャレンジしたい。

 ★今回の教訓★、

「ソロ山行の場合は、荷物は必要最小限にする。」

今回は、自分でも笑ってしまうほど荷物が多かった。ひとりしかいないのだから、必要最低限の荷物だけでよかったのです。

 アホですね~(笑)。

 

« 北穂高から奥穂高縦走を終えて(速報) | トップページ | 北穂高岳南稜から望む涸沢岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北穂高から奥穂高縦走を終えて(速報) | トップページ | 北穂高岳南稜から望む涸沢岳 »