2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「前に進むしかない」~FBより~ | トップページ | 「優しい心」~ヘレン・ケラー~ »

2016年11月17日 (木)

「身心脱落」~100分de名著『正法眼蔵』~

「(人は)仏だからこそ修行ができる。」

「悟るための修行は『迷い』であり 悟り(仏)の世界に合一すべき」

「悟りたいという『邪心』は自我意識 身心脱落して仏になったつもりで修行はするべき」

「悟りの世界に『私』を放り込むと『身心脱落』の境地に至る」

「『迷っちゃダメ!』と思って悩むのが『迷い』 迷って良いと分かるのが悟り」

「薪は燃えて灰となるが、もう一度元に戻って薪になるわけがない。だが、そうではあっても、灰は後、薪は先と見てはいけない。」

「知るべきである、薪は薪としてのあり方において、先があり後がある。前後があるといっても、その前後は断ち切れていて、あるのは現在ばかりである。」

「灰は灰のあり方において、後があり先がある。薪が灰となった後、再び薪とならないように、人は死んだ後、再び生(しょう)にならない。」

・・・・・・・・・・

 11月7日放送、Eテレ100分de名著「正法眼蔵」を観る。この番組は、曹洞宗の開祖、道元禅師を哲学者として解説した番組である。

 難解と呼ばれる「正法眼蔵」を私はまだ読んだことが無い。しかし禅の思想については、以前から興味を持っていた。

 現在の私の読解力では、実際に「正法眼蔵」を読むに、力が及ばないのは十分理解している。まずは、この番組の解説者である、ひろさちや氏の解説書から入ってみたいと思う。

« 「前に進むしかない」~FBより~ | トップページ | 「優しい心」~ヘレン・ケラー~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「前に進むしかない」~FBより~ | トップページ | 「優しい心」~ヘレン・ケラー~ »