2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 奥多摩縦走(その3)~鋸山・鞘口山~ | トップページ | 奥多摩縦走(その5)~御前山・惣岳山・月夜見山~ »

2017年1月 4日 (水)

奥多摩縦走(その4)~御前山避難小屋~

 奥多摩避難小屋は、私の中ではトップクラスの小屋だ。

 仲間の間では、「別荘」と呼んでいる。

20_800x600

21_800x600

 清潔な小屋のため、すでに何人かの先達さんがいると予想していたが、今夜は贅沢にも貸切できる。

 到着するとともに、お湯を沸かしウィスキーを飲む。なかなか体が温まらない。

寒さを覚悟していたが、やはり寒い。ガスランタンを持参しても良かったかもしれない。

 マットの上に寝袋を敷く。これは何度も雪洞の中でも使用した冬用ダウン・シュラフだ。このシュラフで何度も雪山で過ごしていたが、その過信と荷物を減らすことからシュラフカバーを持参しなかったことを後悔した。

 ダウンだと寝袋内の暖かさが外へ出てしまうのだ。寒さで安眠できず、夜中に何度も目を覚ましてしまった。足が冷えは安眠を妨げるのだ。

 確かに、「ザックに足を入れる」というのはどの本にも書いてあるが、シュラフカバーの方が、効果的である。持参しなかったことをつくづく後悔した。

 朝、日の出を拝む。その神々しさを眺めながら、多神教の日本人であることに感謝する。

22_800x600

 小屋の横には湧き水がある。以前は煮沸して使用するようにとの看板があったが、現在はない。この寒さの中でも、凍結しておらずありがたい。

24_800x600

 7時に出発予定であったがまだ暗い。結局8時近くに小屋を後にした。

 もちろん小屋をきれいに掃除してから、御前山に向かう。

« 奥多摩縦走(その3)~鋸山・鞘口山~ | トップページ | 奥多摩縦走(その5)~御前山・惣岳山・月夜見山~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥多摩縦走(その3)~鋸山・鞘口山~ | トップページ | 奥多摩縦走(その5)~御前山・惣岳山・月夜見山~ »