2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 丹沢縦走(その2)~青ケ岳山荘・臼ケ岳・蛭ケ岳・丹沢山・尊仏山荘~ | トップページ | 「大切なものを抱いて、進むんだ。」~伊集院静~ »

2017年1月 9日 (月)

丹沢縦走(その3)~尊仏山荘・塔ノ岳・大倉尾根~

 以前に尊仏山荘を利用したときは、宿泊者の数も多く、自分としてもベルトコンベアーに乗せられた気分であったが、今回はオーナーのお心遣いを強く感じた。

 昨晩は友と軽く乾杯をした後、8時の消灯を待たずして布団にもぐりこむ。お互い、普段ならまだ仕事中だと笑いあった。

 いくらアルコールの力を借りて早く寝たところで、そんなに長く寝ることはできない。夜中に何度か目を覚まし、下の階に降りた。しかし、夜中であってもフロアは暖かくしてあった。このような細かな配慮が、リピーターを増やすのであろう。

63_800x600

 朝食前、夜明けを待つ。

1_800x600

 「夜明け前」、なんと魅力的な響きをもった言葉であろうか。

 目の前には江ノ島が見える。

68_800x600

69_800x600

70_800x600

71_800x600

72_800x600

73_800x600

 モルゲンロートの富士山も美しい。

 ここからは、北岳、間ノ岳、聖岳、悪沢岳なども良く見える。

79_800x600

80_800x600

82_800x600

83_800x600

84_800x600

87_800x600

88_800x600

89_800x600

90_800x600

89_800x600_2

94_800x600

96_800x600

 オーナーからザックをお借りし、水を汲みに行く。ここの水場は、冬でも涸れることがない。

 コンビニで手軽にミネラルウォーターが手に入る時代であっても、やはり直接汲んだ山の水はうまい。

107_800x600

 水場に向かう途中であっても、何度も富士山に向けてシャッターを切る。

108_800x600

109_800x600

111_800x600

 午前8時に尊仏山荘に別れを告げ、大倉尾根を下る。

97_800x600

 大倉尾根でも、富士山を眺める。

113_800x600

114_800x600

115_800x600

116_800x600

 花立山荘前で「丹沢のチャンプ」にお会いした。5500回の登頂、おめでとうございます。

 これから尊仏山荘に向かうそうだ。

125_600x800

 途中で休憩を入れたものの、ほぼ予定通りに下山することができた。

 今回の丹沢登山は、とても充実した3日間であった。

 これもすべて、よき友のおかげである。

 感謝。 

« 丹沢縦走(その2)~青ケ岳山荘・臼ケ岳・蛭ケ岳・丹沢山・尊仏山荘~ | トップページ | 「大切なものを抱いて、進むんだ。」~伊集院静~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

素敵な記事をありがとうございます
しげまるさんって、やっぱり強い方なのだと感じました。
山登り、いえ、登山(?)、良いですね

お疲れ様でした。
絶景をいくつも拝見でき、有難うございました。
富士山に登るのもいいですが、他の山に登って富士山を見るにも
本当にいいでしょうね、写真からそことが良く分かりました。
冬の山にも登ったことがありませんし、その周辺の山にもまったく
登っていません。
写真を拝見し、その魅力を充分に堪能させて頂きました。

グッピーちゃん、コメントありがとうございます。
私はぜんぜん強くないですよ~。
むしろあらゆることに弱いです。
ただ競争に疲れてしまったので、
山に逃げるのでしょうね。

でんでん大将様、コメントありがとうございます。
素人写真を見ていただき恐縮です。
それにしても富士山を撮影するのって難しいですね。
「富士山は登る山か、見る山か」
なかなか答えるのが難しいですね。
私の場合、最近は見ることが多くなりました。、

塔ヶ岳はいつも日帰りです。
尊仏山荘の大みそかパーテイは有名ですね。
鍋割に下って名物鍋焼きうどんもいいですよね。

西やん様、コメントありがとうございます。
大倉尾根を下るとき、鍋割山に寄ろうかと相談したのですが、
下山を急ごうということでそのまま降りました。
鍋割山の鍋焼きうどん、おいしいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丹沢縦走(その2)~青ケ岳山荘・臼ケ岳・蛭ケ岳・丹沢山・尊仏山荘~ | トップページ | 「大切なものを抱いて、進むんだ。」~伊集院静~ »