2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 納めの山は、金時山へ。 | トップページ | サソリとカエルの話 »

2017年12月 2日 (土)

漫画『君たちはどう生きるか』

Photo

コペル君、
いま君は大きな苦しみを感じている。
なぜそれほど苦しまなければならないのか。
それはね、コペル君、
君が正しい道に向かおうとしているからなんだ。

・・・・・・・・・・・

日曜日のワイドショーで紹介された本。

ネットで検索すると、すぐにヒットする。

すぐさま漫画版をダウンロードした。

釈迦は、「苦しみからは逃れられない」と説いた。

家康公は、「人の一生は重荷を背負って遠き道を行くがごとし」と説いた。

人は、生きている限り苦しみと向き合い続けなければならない。

苦しみは、

「君が正しい道に向かおうとしているからなんだ。」

この言葉に衝撃を受けた。

おすすめの一冊です。

« 納めの山は、金時山へ。 | トップページ | サソリとカエルの話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

しげまるさん、おススメ本のご紹介ありがとうございます。
漫画で読む方が読みやすいこともありますね。

その通りですね
うん?
そのワイドショー
お勤めのブラック企業関係者に見るようにとか言われてませんよね?
しげまるさんが社蓄状態であることに疑問も不満も抱かないように・・・・
みたいな~・・・・まさか、そこまで頭が回るヤツはいないか

わたしゃ~苦しいのは得意ではありません
だから自堕落なんですねぇ~

朝日新聞の天声人語でも紹介されていました。
1937年という80年前に出されたとは思えませんね。
第二次世界大戦の前の日本と今の状況が似ているんでしょうか。
現代も不安が広がっているということなんでしょうか。
100万部も売れているそうですよ。

グッピーちゃん、コメントありがとうございます。
なかなか有意義な漫画でしたよ。
次回は、文章の本を読んでみたいと思います。
グッピーちゃんも、ぜひ!

まんたろう様、コメントありがとうございます。
そっか~、そういう読み方もありますね。
さすがです。
この本にあまり洗脳されちゃいけませんね(笑)

西やん様、コメントありがとうございます。
そうですか、天声人語でも紹介されていましたが。
存じ上げませんでした。
本来は中学生(旧制)を対象にしているようですが、
大人が読んでもためになりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 納めの山は、金時山へ。 | トップページ | サソリとカエルの話 »