2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 苗場山、1泊2日(その2/2) | トップページ | フジテレビ開局50周年記念ドラマ『黒部の太陽』 »

2018年7月31日 (火)

山梨百名山「乾徳山」、再チャレンジ

 7月22日、山梨県にある乾徳山に登った。一度、6月の中旬にチャレンジしたが、その時は雨で岩場がすべり、足元に不安を感じたので、頂上直下でリタイアした。断念した山というのは、その後どうも気になるもので、日を待たずして、今回再チャレンジとなった。

 午前7時、大平牧場に到着。そこに車を預け登り始める。見上げると不思議な杭が多数打たれていた。

「この墓標、さすが武田氏のお膝元だ。最近このあたりで戦(いくさ)でもあったのだろうか。」

と思わせるような数だ。よく見ると、その上に太陽光パネルが張られていた。とりあえず安心した(笑)。

Dscn0415_800x589

 乾徳山は、甲斐武田氏の菩提寺である恵林寺の山号にもなっている。古来、修行の山として尊ばれていた。かつて夢窓国師(夢窓疎石)も修行したという。この山は、樹林帯あり、草原あり、そして核心部の岩場ありと、一度の登山で3つの体験ができる山だ。ガイドブックでは数多く紹介されているが、実際に登ってみると、すれ違う人も少なく、穴場的な楽しめる山であった。

 樹林帯を越え、草原の中に鎮座している岩がある。それが月見岩だ。ここで多くの人が月を愛でたのであろう。その岩の天辺からは、富士山を遠望することができる。あいにくその日は雲がかかっており、富士山の山頂付近しか見ることができなかった。

Dscn0417_800x589

 そこからしばらく登ると、この山のメインイベントである岩場に到着する。髭剃岩・カミナリ岩・鳳岩など十分に楽しめる。三点指示さえしっかりしていれば、全く問題の無い岩場である。

Dscn0421_800x600

Dscn0424_800x600

Dscn0425_800x600

 最後の鳳岩を登りつめると、山頂となる。天気がよければ360度の展望を楽しむことができるのだろうが、その日は雲が多く、遠望を楽しむことができなかった。しかし、山頂でコーヒーを入れたり、行動食を口にしたり、のんびりと時間を過ごすことができた。

Dscn0432_800x590

 下りは、来たルートをひたすら降りる。草原では、登りのときには見かけなかった鹿が、草を食べていた。山に登る人間の一人として、鹿はあまり保護すべきではないと思っているが、ここの草原では、鹿がくつろぐ姿がよくにあう。

Dscn0433_800x600

 国師ケ原の十字路を右手に向かい、現在は休業中のロッジに向かう。現在は無人の避難小屋となっており、中に入り休憩させてもらうが、内装はとてもきれいである。しかし、人の出入りが多いためか、窓には蜂やらアブやら、たくさん張り付いていた。この季節に宿泊するのは、遠慮したほうがよさそうだ。

 そのまま整地された道を下っていくと、車を停めた大平牧場に到着する。

 今年の盆休暇は、一週間ずらし、剱岳と立山を目指す。もう一度ぐらいどこかの山で足慣らしをして挑戦したいものである。

« 苗場山、1泊2日(その2/2) | トップページ | フジテレビ開局50周年記念ドラマ『黒部の太陽』 »

登山」カテゴリの記事

コメント

乾徳山は行きたい山のリストにしてあります。
公共交通頼みの私にはアクセスがいまいちで躊躇しています。
せっかく行ったのに見晴らしがいまいちとは残念だったですね。
ガイドブックには抜群の見晴らしと書いてあります。
そのうち登ります。

三点支持さえしっかりしていれば???
ひょぇ~~~
山民(やまんちゅ)は怖かねぇ~

西やん様、コメントありがとうございます。
乾徳山に電車で行くとなると、中央線山梨市駅からバスとなりますね。
このコースだと、途中の湧き水2箇所にたちよることができますが、
ちょっとロングコースになります。
有名な山ですが、なかなか穴場的山でした。
西やん様も、ぜひぜひ。

まんたろう様、コメントありがとうございます。
ガイドブックを読むだけだと、なかなか厳しいことが書いてありますけれど、
子どもの時、ジャングルジムに登るような感覚ですよ。
後ろを振り向かず、前を見て一気に登る。
う〜ん、人生そのものですね(笑)。

再チャレンジの乾徳山、勇気をもって引き返した山への再チャレンジ、その凄さに先ずは勇気を頂き、感動しました。山頂の展望はいまいちだったようですが、それなりに満足された時間だったと推測しています。写真を拡大したら、確かに富士山が見えました。
次はどこの山行きを考えておいでなんでしょ?

でんでん大将様、コメントありがとうございます。
多大なお褒めの言葉ありがとうございます。
前回登ったときは、仲間の本能的「感」でリタイアしました。
今回は、そのような不安もなく登ることができました。
盆休暇中のメインイベントは剱岳と立山ですが、
その前に那須三山縦走にチャレンジしようかと考えています。
山の女神様は微笑んでくださるでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗場山、1泊2日(その2/2) | トップページ | フジテレビ開局50周年記念ドラマ『黒部の太陽』 »