2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 苗場山、1泊2日(その1/2) | トップページ | 山梨百名山「乾徳山」、再チャレンジ »

2018年7月21日 (土)

苗場山、1泊2日(その2/2)

 朝5時、持参した行動食を朝食がわりとし、お世話になった苗場山山頂ヒュッテを後にする。澄み切った空気、これも山ならではの醍醐味だ。

26

27

28_2
 再度、頂上の標識と伊米神社に挨拶に行く。やはりだれもいない。

29_2

30_2

 静かに木道を歩く。本日は小赤沢コースで長野県側に下るルートだ。このルートを選択することで、すなわち新潟県側から長野県側に縦走できるのだ。それを実行したいがために、わざわざ新幹線に乗ってきたのだ。

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

 早起きは三文の徳というが、誰もいない道は気持ちが良い。遠くには剱岳と立山が良く見えた。

 高層湿原を十分に満喫した後、樹林帯に入る。荷物が多いため、一歩一歩確実に足を運ぶ。下り早々に、トレランさんとすれ違う。その方は昨日ハーフマラソンに出たばかりとのことであった。超人的な体力にすっかり脱帽する。

 また、地元の山菜取りのおじさんともすれ違う。地元の方は入会権があるので入れるのだが、最近は盗掘も多いと嘆いていた。その方は住所は地元だが、都内の山岳会に所属しているという。私の場合は、小赤沢からバスで津南に向かうと話したら、駐車場から小赤沢までのルートは、最近手入れをしていないとのアドバイスをいただいた。確かに、そのコースに入ると、草が生え、コースが不明瞭で、何度か不安な思いもした。

50_2

51_2

 一歩一歩慎重に下りすぎたのか、予定より1時間半遅れでゴールに到着した。すぐに温泉施設「楽養館」に向かい、靴を脱ぐと同時に生ビールを注文した。朝から豪快にビールが飲めるのも、電車登山の醍醐味のひとつといえよう。

52

 のんびりと入浴し、2階の休憩所で昼寝をした後、午後便のバスで津南駅に向かう。それから乗り継ぎのため、1時間ほどバスの待合室で過ごし、越後湯沢駅に戻った。

53

 日ごろの仕事は、分刻みで、1時間以上の時間調整など絶対にありえない。最近の世の中は、妙にセコセコしすぎで、時間を楽しむことが少なくなっているのではないかとも考える。

 人間、余裕が無くなるとミスも増え、体を壊すばかりである。のんびりとした時間の中で、余裕を持って生きること。これこそが人間本来の生き方であり、もっと見直さなければならないのではないだろうか。

 さて、次回はどこのお山に登りましょうか。

« 苗場山、1泊2日(その1/2) | トップページ | 山梨百名山「乾徳山」、再チャレンジ »

登山」カテゴリの記事

コメント

2日間とも天気に恵まれて良かったですね。
ワタスゲの白が印象的で池塘もあってさすがに苗場という感じです。
見晴らしも良くて最高だったでしょう。
2年前に友人と行く計画をしていたら急用で私だけ行けませんでした。
残念な思い出のある山です。いつかリベンジしたいと思っています。
草紅葉の頃を狙いたいですね。

西やん様、コメントありがとうございます。
実は私は2回目の挑戦で初登頂しました。
前回は20年ほど前だったのですが、雨のため神楽ヶ峰で断念しました。
雨男が代名詞の私なのですが、おかげさまで今回は天候に恵まれました。
このコースは交通費がかかりますが、山頂の高層湿原を十二分に満喫することができます。しかし、決して甘く見てはいけない山ですね。
西やん様も、ぜひぜひ!

学歴のなかった男が優秀な官僚に馬鹿にされることなく
官僚を従わせることができたのか?
優秀な官僚はなぜ角栄氏に従ったのか?
角栄氏の人身掌握術
今の小者政治家どもには絶対にマネのできない
器の大きさが違う稀代の大政治家でしたね
(安倍は人事権を盾に脅して従わせるというゲス小者ぶり
プーチン、キンペイもそのクチで、トランプは論外)

まあ政治の話は置いておいて
写真からも清涼感がヒシヒシ伝わってきます
下界はうだるような暑さが続いてます
山上の澄んだ空気感を届けてくださり
ありがとうございました

山…良いですね。しばらく見とれ、そして羨ましく、写真の数々に嫉妬しました今年は富士山に、そう思っていたのに4月のけが、松葉杖、山登りはしばらく止めろとの医師の忠告、とうとう断念しています。
天気もよく、最高の登山だったようですね。お疲れさまでした。

まんたろう様、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、角栄さんのような政治家はもう現れないでしょうね。
ドライバーさんが、角栄さんが新潟に残してくれた偉業をとてもあつく語ってくださいました。
当時、小学生だった私にはニュースが正しいと思っていましたので、
今、考えると一方的に報道するマスコミって恐ろしいですね。
あと、それにしても真紀子さんはマスコミ受けはしますけど、
地元(?)では人気無いですね。
暑さ厳しき折、まんたろう様もご自愛くださいませ。

でんでん大将様、コメントありがとうございます。
雨男が久々に晴れました(笑)
大将のお怪我のその後、どうぞお大事になさってください。
富士山は、登る山か見る山かと議論がわかれますが、
大将のお国にの鳥海山は、見て良し、登って良しですよね。
関東の人間にとって、うらやましいです。
早くお怪我を回復なさって、
ぜひ、大将のご案内で鳥海山に登ってみたいです。
その日を楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗場山、1泊2日(その1/2) | トップページ | 山梨百名山「乾徳山」、再チャレンジ »