2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 剱岳登山で見つけた絶景~大日岳から伸びる虹~ | トップページ | 剱岳、立山を目指して~信濃大町から黒部ダム、そして室堂~ »

2018年8月25日 (土)

劔岳の測量~映画『劔岳 点の記』(2009年)を観ながら~

「北アルプスの南の重鎮を穂高とすれば、
     北の俊英は剣岳であろう」

            ~深田久弥『日本百名山』~

 剱岳から下山し、写真を整理しながら改めて映画『劔岳 点の記』(2009年)を観ている。剱岳は、かつて禁忌の山として恐れられていたが、明治40年陸軍参謀本部陸地測量部の測量官の芝﨑芳太郎らが、山案内人の宇治長次郎らに支えられて四等三角点を設置した。これほどまでにドラマチックで多くのアルピニストらを魅了し、挑戦された山はないであろう。

 この山の標高については、いくつかの変遷がある。
・1907(明治40)年・・・2998.02m
・1930(昭和5)年・・・3003m
・1968(昭和43)年・・・2998m
・2004(平成16)年・・・三等三角点を設置し、GPS測量の結果2999mと、公式に決定

Dscn0506

Dscn0501

 これだけでも、当時の測量技術が正確であったことが裏付けられる。

「雪を背負って登り、雪を背負って降りよ」

 これは当時、行者間で剱岳について口伝されていた言葉である。それを手がかりに、柴崎と宇治長次郎らは前人未踏とされていた剱岳のルート開拓をおこない、無事測量を終えたのだ。この時の登頂ルートは、今では「長次郎谷」と名付けられ、剱岳を狙う難関ルートの一つとなっている。このルートは私などでは絶対に登れない。

 この映画は、これまでに何回も繰り返して観てきたが、やはり実際に登った後では、映画の味わいも異なる。映像のみならず、それぞれの役者さんたちの演技は素晴らしい。特に、香川照之さんの演技には感服させられる。

 皆様もぜひ。

« 剱岳登山で見つけた絶景~大日岳から伸びる虹~ | トップページ | 剱岳、立山を目指して~信濃大町から黒部ダム、そして室堂~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

いくら測量と言う使命があるとはいえ
あのつっ尖がった山を見たら・・・・・怖い
リスクマネジメントと言う意味では
ロマンを追い求める男の性ってヤツは
救いようのないシロモノなのかも知れませんねぇ

まんたろう様、コメントありがとうございます。
日露戦争後の国論として、
国内に前人未到の地があること自体が恥とされ、
生死を賭けて登頂した、いや、させられたのかもしれません。
今と違って、道具も乏しい中、
本当に頭が下がります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 剱岳登山で見つけた絶景~大日岳から伸びる虹~ | トップページ | 剱岳、立山を目指して~信濃大町から黒部ダム、そして室堂~ »