2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月25日 (日)

映画『日日是好日』(2018)

今日もまた仕事、その帰りに映画『日日是好日』を観に映画館に立ち寄る。

ふと、残りのサラリーマン生活、どう生きるべきなのかと不安になったからだ。

この映画も、鎌倉が舞台となっている。若かりし頃、一人暮らしをした場所であり、懐かしい。

お茶の先生役の樹木希林さん、独特の間の取り方、見事でした。

黒木華さんの横顔も美しかった。

私の場合、おもしろくない毎日が続いてばかりである。

おもしろくなくても、毎日を充実させること。

少しずつ進む毎日の変化を楽しむこと。

一年を通じて季節を感じ、繰り返すこと。

当たり前の日々を過ごせることに感謝すること。

平凡でも、かまわない

平凡こそ平和なのかもしれませんね。

2018年11月23日 (金)

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018)

古書店巡りをしたのはいつごろまでだったであろうか。

大学生になると、最新の学説を求めなければならず、古書を購入することはなくなってしまった。

社会人になった後に入学した大学院では、絶版となった専門書をネットで注文し、古書店に足を運ぶことはなかった。

古書店というと、とても気難しそうな店主が奥に座り、独特のにおいの中で、恐る恐る本を探していたころがとても懐かしく思い出される。

この映画のネタばれはしません。

黒木華さん、ずいぶんと色っぽい女性になりましたね。

映画の内容よりも、美しい横顔に見とれてしまいました。

2018年11月20日 (火)

貨幣価値壊れそう・・・(笑)

プロ野球のポスティング・システムやら、ゴーンさんの年収やら景気のいい話が続いている。

夕方のNHKラジオの投書から

「ゴーンさんの後任は私がやります。

 年収はゴーンさんの1%でいいですから。

 それでも1,000万ですよ。」

うんうん、私も後継者に立候補しようかな(笑)。

2018年11月18日 (日)

ありゃまあ、またまた出費です(笑)

山に登るため飲み会も断り、昼食も減らして我慢していたのに、ネットの”ポチッ”の誘惑には勝てなかった。

気が付くと、サブザック1つ、風防2枚(ガソリンバーナー用1/アルコールバーナー用1)、メスティンのコッフェル(L)1を注文してしまった。

そういう時に限って電子レンジが故障し、椅子も壊れてしまうのだ。

慌てて電気屋さんと家具屋さんに直行した。

私には金運がないのでしょうか。

来月の支払いが恐ろしい・・・。

また、コツコツ頑張りましょう(笑)。

2018年11月16日 (金)

矢部太郎『大家さんと僕』

久しぶりに漫画を購入。

今話題の矢部太郎著の『大家さんと僕』

失われつつある、古き良き時代の日本。

ガサツな人たちに潰されそうになり、疲れた時こそ読んでほしい。

素敵な一冊です。

Photo

2018年11月14日 (水)

ガンバレ、特定郵便局!

 出張の道すがら、あえて小さな特定郵便局で年賀状を購入した。今年は仕事も減らし、年賀状を印刷する時間もできそうだ。

 私は、特定郵便局が好きだ。実は今は亡き母方の「実の祖母」(私の祖母は、母が高校生の時に亡くなり、その後、後妻となる祖母がいたため、このような表現となっている)の実家が今でも特定郵便局を経営しているからである。

 実は、祖父の葬儀の際に母の従弟の局長さんとお話をすることがあった。当時は小泉内閣の郵政民営化の嵐の中で、特定郵便局への批判が強かった。具体的には、郵便局長の世襲問題、採用時の特定郵便局枠などである。

 今でも祖母の実家は田舎の街道筋にある。しかし時代を遡れば、明治維新後に政府が郵便制度を整えるためにわざわざ役人がやってきて、郵便局を開いてほしいと直接頭を下げられたという。そこで自分の財産である家の土地と建物を国に拠出して、特定郵便局(三等郵便局)を開いたそうだ。

 その後、鉄道が引かれ、結果的にその郵便局は駅から離れた場所となってしまったが、今でも頑張っている。それはなぜか。それは、その地区の人たちのためだからだという。

 「郵便局の営業権を持って駅の近くに移転すれば、確かに売り上げを伸ばし利益を得られるかもしれない。しかし銀行もバスで行かなければならないような街だからこそ、今の場所から郵便局がなくなったらどうする。この地区の年寄りたちはどうする。」

 と言って、母の従弟である局長は怒っていた。確かにその通りである。フリードマンの経済学の矛盾、言い換えれば市場原理ばかりを優先する「フリードマン馬鹿」は、選挙の際に大衆からの指示は得られかもしれないが、後になってその矛盾が私たちの市民生活に及ぶことまでは説明しないのだ。以前から市場原理主義の矛盾を指摘していた宇沢弘文教授を、私は支持している。

 母方の「実の祖母」の実家だからこそ、孫の代となると縁が遠くなってしまっているが、それ以来、私も何かと郵便局を利用する際は、できるだけ特定郵便局を選ぶようにしている。しかし、残念ながらたくさん貯金することだけは、いまだに協力できないでいる。

2018年11月 4日 (日)

池袋にて~世の中はクリスマス~

旧友たちとの飲み会。かつてのキャンプ仲間だ。

・料理担当
・コーヒー担当
・用具担当
そして私は、
・酒飲み担当(笑)

価値観を共有できる仲間っていいですね。

Img_0766

街はすっかりクリスマス。

もう少し、頑張りましょう。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »