2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018) | トップページ | 映画『ボヘミアンラプソディー』(2018) »

2018年11月25日 (日)

映画『日日是好日』(2018)

今日もまた仕事、その帰りに映画『日日是好日』を観に映画館に立ち寄る。

ふと、残りのサラリーマン生活、どう生きるべきなのかと不安になったからだ。

この映画も、鎌倉が舞台となっている。若かりし頃、一人暮らしをした場所であり、懐かしい。

お茶の先生役の樹木希林さん、独特の間の取り方、見事でした。

黒木華さんの横顔も美しかった。

私の場合、おもしろくない毎日が続いてばかりである。

おもしろくなくても、毎日を充実させること。

少しずつ進む毎日の変化を楽しむこと。

一年を通じて季節を感じ、繰り返すこと。

当たり前の日々を過ごせることに感謝すること。

平凡でも、かまわない

平凡こそ平和なのかもしれませんね。

« 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018) | トップページ | 映画『ボヘミアンラプソディー』(2018) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

しげまるさん、こんばんは。
>当たり前の日々を過ごせることに感謝すること。
これ、ほんと、大切だと思います。
なかなか気づきませんけれどネ(^_-)-☆

こんばんは。

しげまるさんもご覧になりましたか。いい映画でしたね。
同世代として、樹木希林さんのご逝去は、まだ、早かった
と、残念に思います。
若手の黒木華さんは、このところ、ずいぶん人気度が
高くなられたようですね。

おっしゃるように、”当たり前の日々”の集大成が人生なの
かもしれませんね。

グッピーちゃん、コメントありがとうございます。
どうあがいても、先はみえているのですが、
これからどう生きるべきかふと考えてしまい、映画館に寄りました。
そうですね。
当たり前のことを感謝しなければいけないのですね。

しらこばと様、コメントありがとうございます。
以前、しらこばと様が記事に書かれていたので、ずっと気になっていました。
起承転結のある映画ではなかったですが、
日々を大切にしながら楽しむことを教えてもらいました。
もっと、樹木希林さんの演技を見たかったです。

俺も観ましたよ、この映画。年齢を積むと
つくずくと思いますよ、平穏無事で過ごしていられる
幸いを…

でんでん大将様、コメントありがとうございます。
今までがむしゃらに働いていましたが、大した結果も出せず
このままでいいのかと、ふと不安になりました。
そうですね。大将がおっしゃる通り
地位や名声よりも
平穏無事で過ごせることが素晴らしいのかもしれませんね。

面白くない毎日、とは言え生活出来ることに感謝、なんでしょうかねえ。

私も以前、「ああ、もう忙しくて堪らない。身体も痛いし・・・」みたいな事を言ったら、「忙しくても仕事があるだけマシよ」と言われた事を思い出します。
今まさにその「忙しくない」状況に追い込まれてます。
正社員でありながら生活出来ない境遇。辞める者、副業を探す者。

この映画を見ていないので、しげまるさんがどんな気持ちに落ちているのかは理解出来てませんが、それでも生活出来るなら幸せなのではないのかなあなんて思います。m(__)m

ハル様、こめんとありがとうございます。
すいません、私の愚痴を聞いていただき、恐縮しております。
どうも今の職場では、自分の力を発揮できずイライラしております。
おっしゃる通り、仕事があるだけで感謝しなければいけないのですね。
異動希望を出しているので、4月には異動できると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018) | トップページ | 映画『ボヘミアンラプソディー』(2018) »