2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

日本政府のIWC脱退を支持する

 捕鯨制度の是非については、以前は法学部定番の入試論述問題とされていたが、現在では中学校のディスカッションの授業でも取り入れられていると聞く。

 日本政府は12月26日にIWCから脱退を表明した。「ついにやったか」という感想だ。日本国憲法の前文にも記されているように、日本は国際社会との協調を国是としている。そのような中、IWCからの脱退は、日本にとっては、1933年の国際連盟脱退と同等の衝撃的なニュースととらえてよいだろう。しかし、私は日本政府の判断を支持する。

 現在のIWCは完全に機能不全となっている。オーストラリアやニュージーランドは、南氷洋を自国の海域ととらえ、日本の調査捕鯨船が入ることを拒む。さらにこれらの国々では、捕鯨ではなく自国の牛肉の輸出を求める立場のため、捕鯨を反対しているのだ。さらに、これらの国々は、沿岸でのホエール・ウォッチングを観光資源としている現状もある。

 日本の農林水産省も述べているように、クジラは海の食物連鎖の頂点に位置する。かつての図鑑には、クジラはオキアミを食していると記されていたが、とんでもない事実誤認である。クジラは、普段我々日本人が口にしているハマチやマグロ、サンマ等の魚を大量に食べてしまうのだ。「シー・デビル(海の悪魔)」という呼び方さえある。捕鯨復活は、日本の漁業や食生活を維持するために必要な対策なのである。

 これまでのIWCの会議の進め方は、「合法的有色人種バッシング」の場と言われてもおかしくなかった。引き続き日本政府は、捕鯨は未開人の文化ではなく、「魚類全体の保護」を目的としていることを主張すべきである。

 IWCの脱退により、南氷洋での調査捕鯨はできなくなるが、少なくとも日本の排他的経済水域での捕鯨は復活できるようになった。ぜひとも日本政府は、クジラの個体数を調査しながらの捕鯨を開始し、日本近海における魚類保護政策を積極的に進めてもらいたい。

2018年12月26日 (水)

今年もあとわずか~がんばろう、サラリーマン~

朝起きると、グループLINEが届いていた。
発信時刻は、12月25日23時30分。
「あと少しで、平成最後のクリスマスもおわっちゃうよ。」
とのこと。
おそらくどこかで飲んでいたのでしょう。

そうですね。平成の初めの頃、まだ学生だったにもかかわらず、
やれ、どこを予約しただの、どこに行っただの、
そんな仲間の自慢話に焦りを感じていたものだった。

そんな中でも思い出に残っているのは、
アルバイトをしていたキャラクターグッズ販売店で、
「人に幸せを売っているのに・・・。」
と、ぶつくさ文句を言いながらも、
閉店した後に、店長からのサプライズで、
みんなと食べたケーキがおいしかったこと。

またある年は、イントラを目指してスキー場で合宿をしていた。
ホテルは満室なはずなのに、
誰もいないナイターゲレンデでカクテル光線を浴びながらガッチリ練習したこと。

ここでは書きませんが、もちろん私にだって楽しかった思い出ぐらいありますよ。
しかし今では、クリスマスなんてどうでもいい話と、さっさと布団に入ってしまう生活だ。
振り返ると、平成というのは私の青春時代だったのですね。
「平成よ、楽しかった思い出をありがとう。」

クリスマスが過ぎれば、あとは仕事納めまであとわずか。
世の中のサラリーマンの皆さん、頑張りましょう。

・・・・・・・・・・

JR東海のCM。
当時のしげまるさんの目標、いや「バイブル」でした。
あの頃、
「大人なるって楽しいんだろうな。」
と、思っていました。
今でもしみじみ観ちゃいます。

しかし、現実は甘くない。
こんな素敵な話は、無かったですけどね(笑)

2018年12月24日 (月)

映画『サウンドオブミュージック』(1965)

BSプレミアム放送の映画『サウンドオブミュージック』を観る。

歌声を禁止された子どもたちが、修道院から来た家庭教師によって歌声を取り戻す物語。

ジュリー・アンドリュースさんの素敵な笑顔と歌声、最高ですね。

Photo

2018年12月22日 (土)

メーテル 別れの言葉~銀河鉄道999~

だから いまは
 お別れのとき 

もうあなたは大人だから
いっしょにはいられない 

ふたりの思い出を胸に
あなたの行く道を
       さがして 

日ごとに たくましくなる
       あなたに
語る言葉もなく
 つのる わが想い・・・

   ~メーテル 『銀河鉄道999』~

言葉は魔術、なんて美しい日本語なのでしょう。

これを翻訳しようとしても、私の英語力では細かいニュアンスまで伝えることができない。

日本語に感謝。

メーテルは、やはり身も心も美しい方だったのですね。

Photo

YOU TUBEからお借りした映像もどうぞ。

 

2018年12月20日 (木)

オジさんびっくり!

うちの課の若い社員から、

「突然なんですが、忘年会を企画しました。ぜひ来てください。」

とのお誘いをいただき参加する。

忘年会といっても、ケーキ屋さん。

どうやら有名なお店らしい。

オジさん、緊張しちゃいました(笑)。

Img_0775

よきクリスマスを。

2018年12月 8日 (土)

映画『ボヘミアンラプソディー』(2018)

 QUEENの音楽を知ったのは、中学生の頃だった。そして、フレディー・マーキュリーの死を知ったのは、渋谷の居酒屋であった。

 彼がHIVで亡くなったこと、そして拝火教徒(ゾロアスター教徒)であることは知っていたが、ゲイ、またはバイセクシャルであったということは、どうしても認めたくない。

 時代は変わったとはいえ、まだまだ自分の中にはこれらに対する偏見がある。

 

 QUEENの音楽は、彼が死と対峙しながら創り上げた作品であったのだ。若かりし頃購入したCDを探して、改めて聴きたくなった。

 もしあの当時、仲間や元恋人がLGBTやHIV感染者であったらどうであろうか。

 自分には即答できない。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »