2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 北横岳~念願の雪山ハイク(その1)~ | トップページ | 北横岳~念願の雪山ハイク(登山を終えて)~ »

2019年1月17日 (木)

北横岳~念願の雪山ハイク(その2)~

 昨晩は夕食後の睡魔に勝てず、そのまま布団に入ってしまった。途中、何度か目を覚ましたが、結果的には5時に起床した。
 ロッジの外に出ると、満天の星であふれていた。しかし、頭痛がする。最初は、風邪かとおもっていたが、どうやら高山病に罹ってしまったようだ。
 午前7時、朝食。
Photo
 朝食後すぐにチェックアウトし、山頂を目指す。
急坂を登った先に山頂が待っていた。
Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6
 絶好の登山日和だ。北アルプスから南アルプスまで一望できる。そこから少し離れたところに北峰がある。
Photo_7

Photo_8
 同部屋だった若者たちは、ここから蓼科山に向かうという。そのコースもなかなか良いものだ。
Photo_9
 彼らと別れ、登ってきた道を戻る。自分の当初の計画では、縞枯山と茶臼山を越えて麦草峠まで進む予定だったが、一向に頭痛が治らない。これまで高山病とは無縁だったので、「きっとこれは風邪だ」と自分に言い聞かせながら下山した。
 三角屋根で有名な縞枯山荘前で休憩をとる。いつも思うことだが、山小屋の煙突から立ち上る煙を見ると、安心する。
Photo_10
 休憩を取りながら、しばらく目の前に鎮座する縞枯山を眺めていたが、今回は登ることを断念することとした。どうしても頭痛が収まらないのだ。心残りはあるが、ソロである以上、自分のことは自分で責任をとらなければならない。これが高山病と理解し、今後は頭痛薬を持参しようと反省した。
・・・・・・・・・・
 【山行メモ】
・アイゼンは6本でも十分だが、10本以上のアイゼンが安心である。
・ピッケルは不要
・ワカンは、前日に降雪がなければ不要
・北横岳ヒュッテでは、ガスバーナーのみ使用可(アルコールストーブを持参した自分は、館内で使用できなかった)
・北横岳の往復のみなら、日帰り可能
・特急あずさと茅野駅からのバスは連絡が悪い
・小屋での早すぎる就寝は、就寝中の呼吸が減り、高山病の元となる
・小屋内でdocomoのスマホを支障なく使える

« 北横岳~念願の雪山ハイク(その1)~ | トップページ | 北横岳~念願の雪山ハイク(登山を終えて)~ »

登山」カテゴリの記事

コメント

今年の登山は天気が絶好調
昨年は行いが良かったんですね
人生初の高山病・・・・
歳かな

このぐらい青空だったら登ってみたいですね、雪山入門として。
私は雪の無い季節に1度登りましたが、山頂では曇ってて景色0でした。残念。

頭痛は下山したら治っちゃいましたか?
高山病って怖いですね。同じ山でも体調によってですからね。

まんたろう様、コメントありがとうございます。
雨男の名を返上するような好天だったのですが、
高山病に罹り、残念ながら下山せざるを得ませんでした。
おっしゃる通り、もう若くないのかもしれませんね(笑)。

ハル様、コメントありがとうございます。
360度見渡せる最高の天気だったのですが、
残念ながら下山せざるを得ませんでした。
ご心配ありがとうございます。
高山病は初めてかかったのですが、下山すると何事もなかったように治るのですね。

おはようございます!

八ヶ岳ブルーの良い日でしたね。
高山病とは残念、仕方ないです。
私も高山病で、頭は痛いし眠く寝るしで、
辛い思い出がありますが、なんとか登頂しました。
下山するとすっきりでした。
急に高いところに行くと、体が追い付かない
ようです。
またリベンジの楽しみが出来ましたね~!
アルコールストーブなんてお持ちなんですね。
テン泊の時使えそうですね。

aoi様、コメントありがとうございます。
絶好の天気でしたが、残念ながら敗退となってしまいました。
登る前に十分に体を慣らしたはずなのですが、
翌朝の頭痛には悩まされました。
今回は軽量化を図るために、
加藤文太郎を目指して、アルストにしました。
絶対に故障もなく、おすすめです。
普段はオプチマス123を愛用しています。
個人的なこだわりなのですが、
ガスはどうも風情がなくて・・・卒業しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北横岳~念願の雪山ハイク(その1)~ | トップページ | 北横岳~念願の雪山ハイク(登山を終えて)~ »