2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 小さな幸せ(No.979)~『おっちゃん、おばちゃんのゆるゆる倶楽部』より~ | トップページ | BS日テレ『極上!三ツ星キャンプ』 »

2019年2月 8日 (金)

噂の「雲竜渓谷」を登る~栃木県日光市~

 明日は、関東地方も大雪の予報が出ている。暖冬の年は一度に降る雪の量がが多く、さらに関東の雪は湿雪で重い。電車の遅延はもちろん、屋根の倒壊などの被害が出ないことを願っている。
 過日、栃木県日光市にある雲竜渓谷に入った。
 かつてはアイス・クライマーの聖地であったが、雑誌に紹介されてから一躍有名になった。このコースは市販のガイド地図にはルートが掲載されておらず、ネットの情報を頼りに、そのコースをスマホにダウンロードさせて現地に向かう。
 午前8時半、ゲート前に車を止めて登り始める。冬場はこのコースを推奨していないのか、登山道もあまり整備されておらず、先行者のトレースを探しながら登る。
 確かに今年は雪が少ない。途中氷結していた箇所もあるが、雪がないと足跡すら見つけられない。
1
 巨大な砂防ダムから落ちる水が氷結している。ここから流れ落ちる水は「新華厳の滝」と呼んでもよいかもしれない。
2
 リボンがなく、とても不安だ。砂防ダムの横をよじ登り、この川を渡渉する。
3  
 女峰山を遠望する。雲竜渓谷は、この山の中腹にある。
4
 スマホのGPSを使うが、ルートがよくわからない。「まさかここではないだろう」と思われるガレ場が正しく、そこを登る。
 しばらく道なりに進むと、今回の目的地である雲竜渓谷に到着する。
Dscn0803
 
Dscn0804
今年は暖冬。ヘルメットを着用し、そろりそろりと滝の裏側へ向かう。
Dscn0810
裏から見上げる滝も圧巻である。
Dscn0811 
氷結した滝が倒壊すると、このようになる。
決して冗談では済まされない。
Dscn0815
 今回初めて雲竜渓谷に入ったが、氷の芸術に酔いしれることができた。
さて、次はどこのお山に登りましょうか。
【登山メモ】
・ピッケルを持参したが、ストックで登ることができた。
・重登山靴と12本アイゼンを使用したが、渡渉の際の防水に耐えられる靴ならば、軽アイゼンまたはチェーンスパイクの方が歩きやすかったと思う。

« 小さな幸せ(No.979)~『おっちゃん、おばちゃんのゆるゆる倶楽部』より~ | トップページ | BS日テレ『極上!三ツ星キャンプ』 »

登山」カテゴリの記事

コメント

雲竜渓谷、行って来たんですね?
私も今年は久々に・・・なんて思ってましたが、自分の休日が雨だったのでやめました。
それにしても雪が、、ありませんねえ。
私は初めて行った時に道に迷ったので、2回目はひたすら林道歩きで辿り着きました。
上を見上げると、つららが落ちて来そうな。
今週の寒波でまた雪が増えたりしないかなあ。そうすればまだ間に合うかなあ。
なんて思ったりもしますが、やっぱり休みが上手くないので、来年以降また狙ってみます。

ハル様、コメントありがとうございます。
また先日はアドバイスありがとうございました。
やはり林道歩きのコースを選ばれたのですね。
私はそのまままっすぐだったので、かなり道が不安でした。
帰りは林道を通ったのですが、長い長い・・・(笑)
雪があったりなかったり、アイゼンを着けると、中途半端な雪だと歩きづらいです。
今回の寒波で、滝の氷結が復活するといいですね。

道なき道を行くような雲竜渓谷でしたね。
それにしても 綺麗な氷結の滝!!!。
絶対に見る事の出来ない景色に・・・感激!!!。
有難うございました。  

結氷した滝、見事ですね…
見慣れている水とはまったく趣が違って
鋭い滝の一面ですね。
それにしても冬の登山といい、渓谷の登攀といい、
羨ましいエネルギーですね。

まーちゃん様、コメントありがとうございます。
雲竜渓谷は、まだ登山道として整備されていないので、
初めての方はガイド登山をお願いしたほうがよさそうですね。
自分も登っていて不安になりました。
もう少し雪が多ければ、アイゼンを履いて歩きやすかったのではと思います。
マーチャン様も、ぜひぜひ!

でんでん大将様、コメントありがとうございます。
いやいや、最近はおっくになってきちゃいましたよ(笑)
予定では、今日は木曽駒ケ岳に登っている予定だったのですが、
雪のためキャンセルして、朝からコタツの番人です(汗)。
先ほど鳥海山について調べていたのですが、
四季を問わず登れるみたいですね。
ぜひお伺いしたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな幸せ(No.979)~『おっちゃん、おばちゃんのゆるゆる倶楽部』より~ | トップページ | BS日テレ『極上!三ツ星キャンプ』 »