2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 涙腺崩壊の『深夜食堂(中国版)』(2015) | トップページ | 思い出登山【あの「農鳥小屋」に宿泊】~令和元年8月~ »

2020年5月16日 (土)

"Singin' In The Rain "~PERSONZ~(1989)

自宅待機の休日となると、ふと昔を振り返ってしまう。

学生の頃、免許を取り、レンタル店から借りたCDをカセットに録音してカーステレオで聴いていた。

当時は、週末ごとに彼女と一緒に夜の首都高を走り回ってたりしていた。

彼女と言っても隣の部活で、付き合っていたといえば付き合っていたかもしれないし、友達といえば友達というフランクな関係であり、真面目と言えば真面目な関係であり、世間から指をさされるような関係でもなかった。

ある日の晩、「このまま京都まで行ってみる?」ということで夜通し国道1号線を走り続けた。

その時の車の中で、一緒に歌いながら何回も繰り返して聴いていた曲。

その後、学部の違う彼女とは別々の道に進み、卒業後は会っていない。それでも年賀状だけは続いている。

PERSONZの4thアルバム「DREAMERS ONLY」より”Singin' In The Rain

学生の時って、その時その時は楽しいんだけと、ふと未来に目を向けるととてつもない不安に襲われるんだよな。

そんな感情を、この曲を聴きながらお互いに共有していたのだろうな。

Dreams Come True
As Long As You Believe
One More Tryin' Tryin' Again
Don't Worry About It
I'm Always Dreamin’
I'm Always Dreamin’ "Singin' In The Rain"

« 涙腺崩壊の『深夜食堂(中国版)』(2015) | トップページ | 思い出登山【あの「農鳥小屋」に宿泊】~令和元年8月~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
今朝は☂・・・田植えは終わりましたが、五月晴れもほとんどなかった
この5月・・・何かしら不安を感じています。世が世なら天気も安定しな
いことに、この先の事を思い浮かべます。
やはり見えない先には希望があるのでしょうが、不安もよぎるのでしょう
か・・・
初めてこの音楽を耳にしました。訴えかけてくるようなものを感じます。
歌の意味も、曲の良さなど俺には知る能力もないものの、切々とした
ものを感じました。
この音楽には青春時代の思い出も潜んでおいでなのですね。

でんでん大将様、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私のつたない昔話にお付き合いいただきありがとございます。
PERSONZは現在も活動中なのですが、
ボーカルのJILLさんは、声量の衰えもなく、
いまでもゴリゴリのロックで活動中です。
人は20代前後に聴いていた曲が一生の曲になると言われてますが、
私の思い出の曲のひとつです。
当時から「今の若者は」とか「今どきの大学生は」などと大人から白い目で見られていましたが、明るくふるまう中にも、大きな不安にさいなまれていました。
これは誰もが通る道だと思います。
その分、自分も今どきの若者たちに大きな目で見てあげたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 涙腺崩壊の『深夜食堂(中国版)』(2015) | トップページ | 思い出登山【あの「農鳥小屋」に宿泊】~令和元年8月~ »