2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 思い出登山【山小屋の食事(その2/全3回)】 | トップページ | おいしいインド料理店発見 ☆地域飲食店応援☆ »

2020年6月 4日 (木)

思い出登山【山小屋の食事(その3/全3回)】

私の所属する山岳会を統括する親団体からメールが届き、今後の登山活動について紙面会議が行われた。
いずれにしろ現在の状況では登山を勧めていない。
個人、団体を含めてどんなに活動を再開したくても、その指示に従わざるを得ず、やりきれない思いである。
今は我慢、我慢。思い出に浸っています。

Dsc01046

【土合山の家/上越・谷川岳(平成26年10月)】

谷川岳の西黒尾根を登ってみたいという方を案内しての登山。
初日は雨のため湯檜曽川沿いを歩き、2日目にアタック。
まさか山でカニが食べることができるとは思いませんでした。
布団もフカフカ、お風呂もゆったり入ることができました。
あの頃は、寝袋で泊ることが多かったので、感謝感激。

P8180234

 【燕山荘/北アルプス・燕岳(平成29年8月)】

北アルプスの女王と呼ばれる燕岳(つばくろだけ)の麓にある人気の山小屋。
夕食時には、オーナーのスイスホルンの生演奏がある。
人気の山小屋だけあって、多くの登山者が泊まっていました。

P8190303

【大天井ヒュッテ/北アルプス・大天井岳(平成29年8月)】

槍ヶ岳山荘グループの山小屋のひとつ。とんかつが定番メニュー。
表銀座から槍ヶ岳方面に歩いてく途中にある。
マスターは深夜食堂マスターの小林薫さんに似ている。
翌朝は、牛首展望台までご案内いただき、出発前には鐘を鳴らしてくださった。
ありがたいことです。
前日の燕山荘と違って、到着後のんびり過ごさせていただきました。
宿では北鎌尾根で登る方と出会い、いろいろなことを教えていただきました。
いつかは登ってみたい北鎌尾根です。

・・・・・・・・・・

今、改めて写真を見直すと、それぞれの宿にそれぞれの個性がある。

まだ探せば他の山小屋の食事の写真が見つかると思うが、今回はこれにて。

何かのご参考になれば幸いです。

« 思い出登山【山小屋の食事(その2/全3回)】 | トップページ | おいしいインド料理店発見 ☆地域飲食店応援☆ »

登山」カテゴリの記事

コメント

 しげまる 様

 おはようございます。
時々のご訪問ありがとうございます。
山にも興味があるのですが、ナカナカです。
 あまりに手を広げ過ぎましては・・・。
そうでなくても多種をやりすぎておりまして・・汗。

 その昔を思い出します。
8月の乗鞍で家族スキー、ポール練習の合間に山頂まで登ったり。
途中でライチョウと出会って、喜んだり。
その足でぐるっと回ってロープウエー、小学生の子供たちと独標まで。
これは山屋さんでなくても来たくなるっと。

 谷川岳は、5月連休明けまでは天神平でスキーを。
その後はマチガ沢で滑り。
何度か雪渓で、我々が・・遭難者を・・、大穴を掘るためコースが・・・と。
 西黒尾根にも、頂上まで登りたかったのですが、スキーの途中と、装備の関係で途中までで・・・。
 弁当を広げて、猿に持っていかれたりと・・・(笑)。

 そうですねズワイガニにベニズワイ・・、日本海から近いので湯沢・苗場に、こちらにも・・・ですね。
スキー用具一式を担いで、よく・あの長い階段を上ったものです!!

 そんな状況でして、申し訳ございませんが・・・。
お返しのポチも含め、滞りがちになろうかと存じます。
ご承知のほどを、お願いいたします。
 それでは、失礼いたします。
  ヒロ‥の日々(もんたの一年)

ヒロ(もんた)様、コメントありがとうございます。
なかなかのアウトドアマンでいらっしゃいますね。
実は、私も最初はアルペンスキーがきっかけでした。
冬はもちろん、夏は乗鞍、NZなどと滑っていました。
それから雪山登山に連れて行ってもらい、
今では登山ばかりとなりました。
とはいえ、当時のスキー教程と今のでは、ずいぶんと違うのでしょうね。
今後とも、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出登山【山小屋の食事(その2/全3回)】 | トップページ | おいしいインド料理店発見 ☆地域飲食店応援☆ »