2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月23日 (日)

初ドライブは、日光へ

納車後、初のドライブは日光へ。
新型コロナの影響で、東北道もすいている。
渋滞もなく、あっという間に到着した。

久しぶりの華厳の滝、いつ見ても荘厳なお姿だ。

Img_1340

Img_1341

どのお店に入るにも、マスクと消毒、そして検温を実施している。
お店側は厳重警戒して観光客を迎える準備をしているにもかかわらず、お客さんは少ない。
これでは観光地の経済的損失は莫大なはずだ。

「GO TO トラベルキャンペーン」を批判する人は多い。
しかし、これは都心に住んでいる人の一方的な論理に思える。
これでは、地方はやっていけない。

中禅寺金谷ホテルで、贅沢お昼。

Img_1342

夜は、湯元キャンプ場に宿泊。
コロナ禍で思うように登山にも行けず、
遅ばせながら、今年初のテント泊である。

Img_1345

夕日を見ながら、ビールで乾杯。
贅沢な時間を過ごしました。

2020年8月20日 (木)

静かな祈り ~川越氷川神社~

猛暑続きの午後、川越のお氷川様にお参りする。

Img_1339  

浴衣を着た素敵な男女であふれていた。

Img_1337

縁結びで有名なこの神社も、今年は「疫病退散」の祈願だ。

Img_1336

自粛続きの夏は、今年限りにしてほしい。

2020年8月17日 (月)

『ハーモニー・ナポリタン』 ☆地域飲食店応援☆

盆明け初日の外回り後、
遅めの昼食をとるため、JR栗橋駅前の喫茶店に入る。
個人経営で、昭和レトロなお店だ。

店内には、赤塚不二夫・小林亜聖・八木亜希子・千鳥のサインが飾ってある。
お店に入り、お勧めのメニューを聞くと、このお店独自の「ハーモニー・ナポリタン」だそうだ。

Img_1332

案内された席に入ると、「この席に千鳥さんたちが座って、これを注文されましたよ。」とのこと。

猛暑の中、キンキンに冷えたコップのアイスコーヒーと熱々の「ハーモニー・ナポリタン」は格別でした。

おいしかったです。
ごちそうさまでした。

2020年8月16日 (日)

「川越市民はさつまいもを踏んだりしません。」~JR川越駅~

ネットでも有名になった新型コロナウィルス対策のひとつ。
これは、JR川越駅で待合時間でのソーシャルディスタンスを保つために、ホームのベンチに置かれたものである。

Img_1328

川越のさつまいもは、江戸時代に青木昆陽先生によって持ち込まれた由緒正しいお芋である。
元川越市民の私であっても、このカードの置かれたベンチに座ることはできない。

とはいえ、電車の乗車口にもお芋のイラストがあった。
これを踏まなければ電車に乗れないと思うんだけど・・・。

Img_1329

まあ、細かいことは気にしない。

こういう柔らか発想のできる人を、尊敬します。
これを採用許可した上司も、素晴らしいですね。

ポチッとよろしく!

2020年8月12日 (水)

あとは納車を待つのみ

全国的に新型コロナウィルスの感染が拡大している。
私の住む街の近くまで、その流行が広がっている。

せっかくの夏季休暇となったものの、どこにも出かけられず、
また、家にいても猛暑のため、エアコンを使いながらゴロゴロしているだけだ。

そのような中、ディーラーの担当の方からお電話があり、
昨日届いたという車を見せていただいた。
最近の車はハイテクで、一度の説明では覚えられない。

Img_1325

コロナの関係で、納車が半月ほど遅れていたが、盆明けには納車できるという。

納車前のワクワク感っていいですね。
どこにでかけようかと、いろいろ思案する。
でも、コロナがね・・・。

2020年8月 2日 (日)

昼間からビールの背徳感 ☆地域飲食店応援☆

JR久喜駅近くの中国レストラン。
BGMがJAZZというのが、いいね。

新型コロナの影響か、お客は自分しかいない。

Img_1311

日曜日とはいえ、昼間から青島ビールをいただく。

Img_1310

この背徳感がたまりません。

ポチッとよろしく!

2020年8月 1日 (土)

今、私が欲しいもの~バイクと無線機~

人生80歳時代から90歳へと長寿社会へと向かっている。
これまで通り、登山活動を続けたいと思っていても、新型コロナウィルスの第2波と言ってもよい状況では、どこにも出かけることができない。また、今後自宅勤務の再開となると、以前のような退廃的な生活になってしまいそうで怖い。

今、自分が欲しいものは、まずはオートバイだ。
私の世代は「小型二輪」と言っていたが、今は「原付二種」と呼ぶそうだ。
オートバイの保険は高いというイメージがあるが、原付二種までは自動車保険の特約で対応できる。

Photo_20200801093401

以前までは、オーソドックスなホンダのスーパーカブの125(C125)がいいと思っていたが、今はハンターカブ(CT-125)だ。
この形ならば、後ろにキャンプ道具を乗せてでかけるのもいいし、最近増加している風水害や、いずれは来ると言われている首都直下型大地震の時に、貴重な移動手段として活躍しそうだ。

次にほしいものは、八重洲無線から販売されているアマチュア無線機Ft-911Aだ。

Ft911a

昔のハンディ―機でJ×1×××のコールサインだけは維持しているが、実際には単に登山の時のお守りとして持っているだけで、ここ何十年も運用をしていない。
「無線をやっている」というと、「怪しい人」と思われる世間からの冷たさもあるが、これから、自宅で巣ごもり生活となった時の楽しみに再開しても良いだろう。

「人は遊ばないから歳をとる」と言われている。
何かと出費の多い時代だが、自分の楽しみを持つことが大切だと思う。

ポチッとよろしく!

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »