2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あとは納車を待つのみ | トップページ | 『ハーモニー・ナポリタン』 ☆地域飲食店応援☆ »

2020年8月16日 (日)

「川越市民はさつまいもを踏んだりしません。」~JR川越駅~

ネットでも有名になった新型コロナウィルス対策のひとつ。
これは、JR川越駅で待合時間でのソーシャルディスタンスを保つために、ホームのベンチに置かれたものである。

Img_1328

川越のさつまいもは、江戸時代に青木昆陽先生によって持ち込まれた由緒正しいお芋である。
元川越市民の私であっても、このカードの置かれたベンチに座ることはできない。

とはいえ、電車の乗車口にもお芋のイラストがあった。
これを踏まなければ電車に乗れないと思うんだけど・・・。

Img_1329

まあ、細かいことは気にしない。

こういう柔らか発想のできる人を、尊敬します。
これを採用許可した上司も、素晴らしいですね。

ポチッとよろしく!

« あとは納車を待つのみ | トップページ | 『ハーモニー・ナポリタン』 ☆地域飲食店応援☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

上司も部下も素晴らしい!と誉めておきます。広島県民より

グッピーちゃん、コメントありがとうございます。
年齢を重ねるごとに、頭か固くなってきた今日この頃、
こういう柔らか発想のできる人って素晴らしいですよね。

なかなか発想がおしゃれというか、素敵だと思いましたね・・・

でんでん大将様、コメントありがとうございます。
私もお芋の発想はありませんでした。
聞くところによると、若い駅員さんが考え、
即時に採用されたそうです。
コロナ自粛によるストレスが蔓延する中、
くすっ、と笑えることは一服の清涼剤になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あとは納車を待つのみ | トップページ | 『ハーモニー・ナポリタン』 ☆地域飲食店応援☆ »