2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月23日 (月)

これで山を好きになってくれればいいけれど…~鬼滅の刃~

ヒットをつつける映画「鬼滅の刃」。

恥ずかしながらアニメにあまり興味のない私は、まだ見ていない。

アニメやドラマでヒットるすると、そこを聖地として巡礼するファンが多いと聞く。

そのキャラクターの出身地とされる山がここである。

【引用: https://icotto.jp/presses/18411

〇竈門炭治郎と禰豆子…雲取山

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)…大岳山

〇悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)…日の出山

〇時透無一郎(ときとうむいちろう)…景信山

私たち関東に住んでいる人にとっては、身近な山であるが、登る方はくれぐれも「完全な装備」で登ってください。

特に雲取山は、初心者には少し厳しい山で、山頂直下の雲取山荘で宿泊する必要があります。また、これから寒くなると「冬山の完全装備」でないと大変危険です。

安易な気持ちでは、決して登らないでください。

お願いします。

2020年11月15日 (日)

自衛隊の車両にレーダー照射??

センセーショナルなタイトルで申し訳ない。これは今回購入した新車の安全機能のひとつである「オートクルーズコントロール」の話である。

過日、高速道路で遠出をした際に、前を走る自衛隊車両にレーダーをあわせて、自分もその安全運転を見習ったというオチである。

日本の誇るべき自衛隊、なんであんなに謙虚なんでしょう。SAやPAに駐車する際も、必ず隅に駐車し、走行中も速度を忠実に守り、左側車線を安全運転する。私もその運転技術を見習うがために、追尾したのである。

吉田茂首相は、防衛大学校第1回卒業式にて、

君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく、自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時の方が、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい。

一生御苦労なことだと思うが、 国家のために忍び堪え頑張ってもらいたい。

自衛隊の将来は君達の双肩にかかっている。
しっかり頼むよ。

と訓示した。

今でもその言葉が生きている。

私も、このような謙虚な生き方、働き方をしなければならないと思った。

2020年11月14日 (土)

眞子さまのことを素直に喜べない理由は何か

日本の皇室は世界に誇るべきものであり、私も皇室を崇敬する国民の一人である。

しかし、今回の眞子さまに関わる問題は、素直に喜べない。

その理由は簡単である。婚約者とされる小室氏からは、「労働の汗とニオイ」がしないからだ。

いくらICUで学んだからとはいえ、日本の司法試験は非常に難しい。さらに、試験に合格したとしても、確実に収入が得られるとも言い難い。ならば、せめて司法浪人中は、婚約の記者会見をすべきでなかった。

これは決して秋篠宮家や眞子さまだけの問題ではない。宮内庁も含めて、周りが阻止すべきだったのである。

定職をもたない者との結婚は、皇室に限らず一般の家庭でも疑問視されるのは当然である。

私としては、眞子さまには「誇大妄想のプー太郎」に惚れるより、仮に低賃金であったとしても、毎日汗水流して働く「本物の男」を好きになってほしかった。

日本国憲法第24条において、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」するとはいえ、同じく第27条には、「勤労の権利と義務」が示されている。

眞子さまに旧来の家制度を持ち込むつもりは全くない。しかし皇室にとって、労働とは下々の国民がなすべきこととお考えなのだろうかと勘ぐってしまうのだ。

眞子さまのニュースがテレビで流れそうになると、素早くチャンネルを変えるのは、おそらく私だけではないだろう。

【追記】

まあ、大事な息子をアメリカに逃がすことよりも、「ここまで大騒動となってしまったのだから、いいかげん手を引きなさい」と教えるのも、親や親族の務めだと思う。

それにしても、眞子さまを月にたとえてしまっただけでアウトですよね。法律を学ぶより、日本の古典や歴史を勉強すべきだね。

2020年11月 8日 (日)

来年度の手帳購入

書店で来年度の手帳を購入した。自分のお気に入りは、スーツの内ポケットに入るサイズのものだ。

例年、私の場合は会計年度に合わせて4月始まりの手帳を購入するのだが、今年度はコロナの影響で当初から大幅な日程変更があり、ぐちゃぐちゃになってしまい、開始早々に使うことができなくなってしまった。

職場で配布された手帳は、A5サイズで記入欄は多いのだが、バックで持ち運びをしなければならず、私はあまり好きではない。

今回購入した手帳は、令和2年11月から令和4年3月まで記入することができるので、長い付き合いになりそうだ。

来年こそは、コロナで大幅に日程が変更されないことを望んでいる。

2020年11月 3日 (火)

旅に出たい・・・

関東では、近日中に木枯らし一号が吹くとの予報がでていた。

気が付けば、秋から冬へと季節は変わりつつある。

途中下車した駅で見かけた広告。

Img_1480

ブロ友のでんでん大将様がお住いの東北。

これからの季節、おいしい食べ物がたくさんあるのでしょうね。

次に途中下車した駅では、わたせせいぞう先生のイラストを使った広告もあった。

Img_1482

「ハートカクテル」は、わが青春のバイブルだった。

おおっ、北陸もいいな。

Img_1485 

今の時期は、カニをムシャムシャたべたいものだ。

「GO TO キャンペーン」とはいうものの、なかなか旅行にも出かけられず、

妄想ワンダーランドだけで喜んでいるしげまるさんでした(笑)。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »