2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023年1月

2023年1月25日 (水)

今シーズン最強の寒波

テレビをつけると、各地の大雪被害のニュースを繰り返し放送している。

ブロ友の皆様のことが心配だ。

何かと「10年に1度の…」と繰り返しているが、ではで「前回は」となると思い出せない。

私の住んでいる地域は、雪は降らなかったが、昨夜は一晩中強い風が吹いていた。

空気全体が冷やされているためか、とにかく寒い。

大雪で困っていらっしゃる方が多い中で、こんな弱音は反則だろう。

皆様、どうかご無事でありますように。

2023年1月22日 (日)

男子が調理を始めると、調味料ばかり増える(笑)

今年になって少しは仕事を減らそうと思っても、土日を含めて全く休みのない毎日が続いている。

そんな社畜の毎日の中でささやかな楽しみは、職場でこっそり料理をすることだ。

幸い、登山用のコッヘルやコンロは持っている。

そのような中、換気扇の下でひそかに料理をしている。

ラーメン、チャーハン、牛丼・・・

大したものは作れないが、帰りがけのスーパーで購入したものを翌日の昼食や夜食で作っている。

案の定、調味料の数が増えてしまった。

男子の料理あるあるですね(笑)

2023年1月 8日 (日)

雪上ではコールマンのガソリンコンロが最強!!

山岳会で雪上キャンプ講習を実施した。

当日は大雪降る悪天候のため、キャンプ場に滞在し、滑落停止訓練や雪洞体験等を実施したのだが、その一つに雪を溶かしての「水づくり」もおこなった。

私のこだわりはスウェーデン製のオプチマス(通称「青ガエル」)だ。南極観測隊も使用しているという触れ込みも気にっている。オプチマス社製のコンロは、ポンピング回数も少なく、プレヒートを行うにしても、アルコールをぶっかければよいわけで、簡単に点火する点が気に入っていた。さらに座高が低いため、大鍋を乗せることもできる。もちろんコールマン社製のガソリンコンロも持っているが、誰でも持っているコンロだからこそ、あまり使いたくなく部屋の隅にしまったままであった。

仲間は、当然のごとくコールマン社製のガソリンコンロを持ってきた。そこでスウェーデン(オプチマス)対アメリカ(コールマン)の雪を溶かしてのお湯沸かし競争を行ったのだが、現実はオプチマスの大敗北となった。

吹雪の中は時間との勝負だ。私も今後は変なこだわりを捨てて、コールマン社製のガソリンコンロを持っていこうと思う。

Photo_20230108132801 

その後メンバー全員で食べたカレーが普段の10倍以上においしかった。

 

2023年1月 4日 (水)

仕事始めのお雑煮作り

今日から仕事。

どう言うわけだか、今年は私が25人分のお雑煮を振る舞う順番になった。

私の家は江戸前のお雑煮。

カツオ昆布だしで作る。

うんちくだけはたくさんあるのだが、

実際作ると…。

実家で練習しておくべきだった。

2023年1月 3日 (火)

1月3日の大掃除

まったく情けない話である。

カオス状態だった自分の部屋を、久しぶりに掃除をした。

それも新年3日目にだ。

こんなことを祖父や祖父母が聞いたら、叱られること間違いなしだ。

今は掃除を終え、すがすがしい気分でコタツに入っている。

このような気持ちで新年を迎えるべきだったと、反省している。

思えば、窓を拭いたのは3年ぶりかもしれない。

エアコンのフィルターも真っ白だった。

山道具も購入するばかりで、ずいぶんと増えてしまっていた。

ところが、肝心のピッケルが見当たらない。実家に寄ったとき置いてきてしまったのだろうか。

今まで使っていたピッケルは二十数年以上前に買ったもので、今はずいぶんと軽くて使いやすくなっている。

そろそろ買い替えても・・・。

これが自分の部屋が「カオス」にしてしまう最大の原因だ。

2023年1月 2日 (月)

"READY STEADY GO"~L`Arc~en~Ciel~(2004)

正月2日、実家への挨拶を終え帰宅する。

たくさんの食事をし、少し運動せねばと考えている。

雪国は大雪なのだろうか、関東は晴れ。冷たい北風が吹いている。

新年気合を入れて、ラルクの曲をかける。

気合が入るぜ。

2023年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

やはり今年も「コタツは人間をダメにする」を自ら模範となって実践している元日である。

昨夜は紅白も観ずに布団に入り、気がついたら年が明けていた。

今、愛用のコタツとともに、録画した「ゆく年くる年」を観ている。

ちなみに、紅白の録画は失敗してしまった。

振り返れば、昨年は29日まで仕事、4日が仕事始め。

その後、山の会の雪中幕営訓練がある。

一昨年は年末から年始にかけてバテてしまい、年賀状も書けず、いただくだけの「大失礼」をしてしまった。

さすがに「今年こそは」と年末から気にはしていたものの、結局元日の朝に急いで印刷している。

何かコメントをと思っても、書いている余裕がない。

自宅のプリンターでありながらも何度もエラーを出し、悪戦苦闘しながら、先ほど投函してきた。

若いころは年賀状を出すことに必死になり、返事が来ない相手に新年早々イライラしていた。

今年こそは、自宅に帰ると無気力人間に変身する自分を変えたいものである。

また、もういいかげん歳なのだから、少しは仕事を減らさなければとも思う。

そんな反省ばかりの元日を過ごしている。

さて、今日から始まる令和5年も皆様にとって、そして世界にとっても平和な一年になりますように。

 

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

最近のトラックバック