2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2023年8月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月26日 (日)

伊集院静氏の死去

24日、伊集院静氏が亡くなった。

毎年、成人式や4月1日に新聞に掲載されたサントリーのエッセイを読むのが好きだった。

さすが作家である。

文章に無駄がなく、説教がましくなく、読む者にとって心に響く文章でわかりやすい言葉で、説得力があった。

今度、彼の本を読んでみようと思う。

 

2023年11月24日 (金)

フレディー・マーキュリー没後32年

今日は、フレディー・マーキュリーの32回目の命日だ。

あれからHIVやLGBTQに関する社会的理解は、ずいぶんと進化した。

今の社会を、彼は天国からどう見ているだろうか。

”Love Of My Life” ~Queen~

2023年11月19日 (日)

大霧山(奥武蔵)登山

11月中旬、奥武蔵の大霧山に登る。

この時期は、日没が早いため、15時には駅に戻れるコースを選択する。

大霧山は、決して難しい山ではなく、山頂からの展望がきれいな山である。

今年は各地でクマの出没事例が頻発している。

大霧山は、いわゆる里山だが、油断はできない。

クマ鈴、発煙筒、自作の爆竹を利用したクマよけなどしっかり準備して登る。

Dscn0813 

最大のクマよけは、クマに出会う前に、自分の存在をクマにしっかり伝えることである。

クマに出くわしてからでは遅いのだ。

幸い、今までにクマに出くわしたことはないが、クマが近づくと獣臭がするという。

目・鼻・耳を研ぎ澄まして登ることが大切だ。

Dscn0814 

さらに、樹木の植生にも気を配らなければならない。

さらに万全を期すためには、笛や防犯ブザーも良いかもしれない。

いろいろなことを考えながら登ったが、山頂からの絶景は十分に堪能することができた。

Dscn0816

« 2023年8月 | トップページ | 2023年12月 »

最近のトラックバック